人材育成

人材育成

  1. 人材育成

    自発的人材を育てるために職場環境や業務を改善するポイントとは

    若い世代が社会人になる今、会社に求められているのは、近い将来会社の若手の中心となる世代をいかに動機づけして自発的に行動できる人材に育てることができるかということです。なお、店舗ビジネスのキャリアの限界を突破する「のれん分け制度」づくりや成功のポイントを知りたい方はこちらのコラムをご覧ください…

  2. 人材育成

    自発的人材育成のために部下との対話で留意すべきポイントとは

    ミレニアム世代と呼ばれる現在の20~30才代の若者は、世代が異なる社会人や異なる意見を持っている人とのコミュニケーションは得意としていないと言われています。このような社員を自発的人材に育成するためには日頃からの対話が重要です。対話により両者の理解を確認するとともに、考え方を共有することが…

  3. 人材育成

    若者のキャリアの不安を解消するための3つの対話のポイントとは

    現在20~30代のミレニアム世代と言われる現代の若者は、SNSなどでマイペースにコミュニケーションをしていますが、実は将来について多くの不安を抱えている場合があります。若い世代を自発的に行動できる人材に育成するためには、若い社員の不安に耳を傾け、将来について適切にアドバイスすることが必要です…

  4. 人材育成

    部下を自発的人材にするための効果的な質問方法とは

    質問するということは、部下との対話に限らず多くのコミュニケーションにおいてとても大切な行為です。質問を考えるということは、そもそも何を問題として捉えているのか、を意味するからです。質問することは部下に対してメッセージを送ることであり、これが部下との距離を短くし人間関係をスムーズにします。…

  5. 人材育成

    自発的人材育成のために大切な健康投資の状況や効果とは

    費用対効果がわかりづらいため、どちらかというと人材育成に時間とコストをかけることには消極的な中小企業がまだ多いようです。しかし日本の生産性が諸外国より低いことが経済成長低迷の要因とされているなか、お金と人の関係を定量的に分析するレポートが、複数の研究機関から最近多く出てきました。ある…

  6. 人材育成

    自発的人材が育つ土壌を作るための人事管理制度とは

    最近の環境変化により、求職者は、会社のスキルアップやキャリアアップ支援にとても関心が高くなり、人材育成に力を入れない会社には人材が集まりにくくなっています。そこで、自発的人材が育つ土壌を作るために、人事管理制度の採用、配置、評価と報酬、育成の4つを総合的に設計するための留意点をご紹介します。…

  7. 人材育成

    会社の中堅社員を活用し若手を自発的人材に育成する際のポイントとは

    コロナ禍での生活スタイルや価値感の変化により、新しいサービスや商品が次々と生まれています。これまでの既成概念にとらわれず、本当に必要とされているサービスや商品を提供するために、事業変革の内容や適切な業務内容を積極的に考えることができる自発的人材が必要になります。今回は、会社の中心的な役割…

  8. 人材育成

    自発的人材育成において部下の本音を引き出すタイプ別ポイントとは

    自発的に行動できる人材を育成するためには、部下の内面から動機づけることが必要です。自発的な行動というのは、上司から与えられたり指示されたりして行動することではなく、自らの内面から湧き上がる動機により促されるからです。そのために、部下と対話型のコミュニケーションを心がけますが、上司の会話や…

  9. 人材育成

    部下を自発的人材に導く問題解決方法の考え方とは

    仕事や経営とはある意味問題解決の連続です。目標と現状とのギャップを埋めていくことが目標へ到達する道です。しかし、不確実性の高い現代においては、ギャップを埋める方法は何が正解か簡単にはわかりません。100%正しい問題解決方法はわからなくても正解の確率が高い仮説が求められます。また、…

  10. 人材育成

    自発的人材育成に大切な内発的要因に働きかけるポイントとは

    コロナウィルスのワクチン接種も浸透しつつありますが、感染力のより強い変異株の出現など、ワクチンを接種すればすべてがコロナ以前に戻るかというと、そう簡単にはいかないようです。これからの社会では企業においても会社の最も重要な経営資源の1つである人材の育成に注力し、経営環境の変化に対応することがいっそ…

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP