人材育成

人材育成

  1. 人材育成

    経営者が社員に関心を持つことの効用とは

    「いい会社を自分で作る!」と決めた人「お話はとてもありがたいのですが、…少し考えさせてください。」そう言って、目の前で携帯電話を切った社長が「失礼しました。取引先企業が新人を長期で受け入れてくださる話なのです。コロナの影響でトレーニングを兼ねた現場が無いので、本当にありがたいのですが、うちの金の…

  2. 人材育成

    社員のキャリア構築に必要な2つの視点とは

    キャリアを意識して構築する時代キャリアというと、どのような経歴をたどったか、どのような経験をしたか、誰と人脈を気づいたか、といった「歩んできた過去」に目が向きがちです。しかし、それはキャリアが持つ意味の一部分です。キャリアという言葉を、社員の成長のために使うには、現在から過去を見る視…

  3. 人材育成

    評価制度を運用して「会社の理念・ビジョンの実現」に近づくには

    優良企業には緻密な制度と運用がある事実先日、倒産寸前の企業を27年連続黒字企業に再生させた、ある中小企業経営者の方のお話を聞く機会がありました。社員をとても大切にする会社として有名であり、「経営は社員満足第一、絶対に雇用は守る」と言い切られた時には、「ぶら下がる社員は出てこないのかな…」とふ…

  4. 人材育成

    社員を育てると決めた経営者に心に留めていただきたいこと

    人の可能性を本気で信じるとは先日、ある経営者の方から「おすすめです」と短い動画を紹介いただきました。それは幼稚園が保護者を招いた園児の体操発表会の動画です。そこには跳び箱を跳べない、あるお子さんの様子が映っています。自分の背丈を超える高さの跳び箱を、恐怖から勢いよく踏み切れず、何…

  5. 人材育成

    社員のキャリア構築支援の際に取り組みたいこととは?

    キャリア構築とは武器を持つこと不確実性が高い時代において、会社においても個人においても、強みを維持・強化することはとても大切です。会社の強みを磨くことは、経営者の方々はすでにお気づきのことと思います。一方、経営者として社員のキャリア構築について、どれだけ多くの皆さんが真剣に考えたことがあ…

  6. 人材育成

    社員にキャリアを考えてほしいと考える経営者にお勧めすること

    経営者の想いはそう簡単には伝わらない現実先日、弊社コンサルティングをご利用の経営者が「自分の人生なんだから、将来を真剣に考えてほしいけど、思うようには伝わっていない気がします」とぽつりとおっしゃいました。そして続けて、「でもベテランの何人かの心には響いているようですけど」と微笑まれました。…

  7. 人材育成

    経営者が社員に将来のキャリアを考えさせるメリットとは

    店舗ビジネス従業員向けのキャリア研修とは「この研修、全ての社員に受講させたい内容ですね」これはのれん分け制度を構築した企業の経営幹部の言葉です。のれん分けの対象となる社員に実施する「キャリア研修」のご提案を行った時のことでした。弊社の店舗ビジネス従業員向けのキャリア研修では、まず…

  8. 人材育成

    社員のキャリアを真剣に考える経営者の役割とは

    「のれん分け制度」を社内に整備しようとする経営者の想いとは弊社の核となるコンサルティングサービスに、店舗ビジネスにおける「のれん分け制度構築」があります。そしてこのコンサルティングでお目にかかる経営者の方々に対し、私が持つ印象があります。それは「社員のキャリアを大切に考えている」というこ…

  9. 人材育成

    経営者が意識して傾聴することの効用とは

    傾聴とは「傾聴」という言葉があります。積極的傾聴ともいわれ、相手の発する言葉だけでなく、その背後にある感情や気持ちまで、積極的につかもうとする聴き方のことです。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。もともとはカウンセリングで用いられ、相手の話を共感的に聞くためのコミュニケ…

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP