人材育成

人材育成

  1. 人材育成

    自発的人材育成を進めるために、はじめに取り組みたいポイントとは

    不確実性が高まった現代では、従来のように、同じことを繰り返すだけでは、会社は生き残ることはできません。これから期待される商品やサービスを想定し、自社の強みを活かしながら顧客に受け入れられる商品やサービスを生み出すことができる会社だけが生き残ることができます。会社が新しいものを生み出すため…

  2. 人材育成

    コロナ禍で重要になる社員を動機づける際のポイントとは

    新型コロナウィルスの影響が長引き、終わりがなかなか見えないなか、多くの人が「仕事をする上で、働く喜びは必要である」と思っています。しかし実際に働く喜びを感じている人は少なかったという調査結果がありました。業界・業種によっては、その影響がさらに深刻化しています。労働市場環境はコロナ前と…

  3. 人材育成

    社員の成長につながるフィードバック方法とは

    人材育成を目指す経営者にとって、社員にしっかりアドバイスすることはとても大切です。社員を自分で考え、行動できるような自発的人材に成長させるには、社員の仕事に対するやる気を引き出し、会社に対する帰属意識を高めることです。しかし、フィードバックのなかには、ネガティブな内容を含んでいるものもあ…

  4. 人材育成

    若い社員にキャリアを考えるきっかけを与える対話方法とは

    現代の多くの若い人は、将来の不透明さから会社に頼り切ることをせず、自分のスキルを高め、自律していける力をつけようとしているようです。一方、将来のことや自分のキャリアについて、まだ若いから、といった理由で、あまり関心を持っていない人もいます。人生100年時代といわれ、20代くらいの若い人か…

  5. 人材育成

    社員に成長を実感させモチベーションを高める方法とは

    最近の不確実性が高いといわれる社会では、成長したい、成長しなければと考える若い社員が増えています。しかし、同時に「なかなか成長できない」といった悩みも増えてきました。20代~30代で3年や5年の勤務経験のある社員に多いようです。そこで今回は経営者の方に「成長とは何か」をご理解いただくことで、…

  6. 人材育成

    変化の多い社会で社員のキャリアを考える際に大切なこととは

    キャリアデザインというのは、自分の将来を長期的に見据えて、キャリアパスを歩んでいく取り組みです。しかし、不確実性の高い社会では、その取り組みはより難しいものと考えられます。社会にでて数年の実務経験が少ない若者などにとっては、将来の姿を想像してキャリアデザインすることは難しいことでしょう。…

  7. 人材育成

    社員を継続的に動機づける人材育成に効果的な方法とは

    自発的人材の育成は、短期間でできるものではありません。社員のよいところを伸ばしながら、自ら考え行動できるように習慣づけることが必要だからです。そして習慣化のためには、「始めるためのモチベーション」と「継続させるためのモチベーション」の2種類を意識した動機づけが重要になります。今回は、…

  8. 人材育成

    企業のビジョンを組織に浸透させる取り組みとは

    先日、変化する外部環境へ対応できる組織を作るために、まずは「企業のビジョンを自社に浸透させる」ことに取り組んだ経営者のお話を聞く機会がありました。今回はその話を元に、ビジョンを組織に浸透させる取り組みについてまとめていきます。企業にとってビジョンとはそもそも企業にとってビジョンとはどんな…

  9. 人材育成

    社員の自己肯定感を高める対話方法とは

    数年前の内閣府による日本を含めた7カ国の若者を対象とした意識調査によると、日本の若者の自己肯定感が他国に比べて、著しく低い結果でした。日本の社会には、社会規範やチームワークを重視する考え方が尊重されますが、現代は不確実性の時代です。高度成長時代とは異なり、この不透明な時代に会社を成長に導…

  10. 人材育成

    社員のキャリア支援において経営者が心掛けたいこととは

    コロナ禍で需要は低迷しており、一時加熱した人手不足感は一服していますが、ポストコロナでは、さらに深刻な人手不足になるとも言われています。その際、本当に不足する人材というのは、会社を引っ張っていくリーダークラスの人材です。人材育成は時間がかかるため、今のうちに、社員のキャリア支援に着手しておく…

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP