フランチャイズ本部構築

フランチャイズ本部立ち上げの基本方針

常進パートナーズでは、「小さくはじめて、大きく育てるフランチャイズ展開」をコンセプトに、リスクを避けて、店舗展開を加速する令和時代の新しいフランチャイズ展開のあり方をご提案しています。

 

従来型フランチャイズの限界

これまでのフランチャイズシステムは、スピーディーに多店舗展開を進めることが主たる目的とされていました。
そのため、1,000店舗超、最低でも100店舗超の展開を目指すことが常識とされていました。
しかし、令和時代において、そのあり方は通用しなくなっています。

①フランチャイズ本部間での競争が激しくて加盟店が集まらない…

フランチャイズ本部の数はここ数年右肩上がりで推移しています。
従来と比べて、加盟店獲得競争は厳しさを増しています。

②店舗数が増えてもチェーン臭が出て店舗売上が減少し加盟店も脱退…

昔は、店舗数が増えることでチェーンの信頼感が高まり、1店舗当たりの売上も伸びる傾向にありました。
しかし、チェーン店が避けられる傾向にある現代は、一定規模を超えると、1店舗当たりの売上が低下することもあります。

③加盟店を厳しく縛るフランチャイズの社会的なイメージが悪化…

近年、フランチャイズ本部と加盟者間でのトラブルが頻繁に発生した結果、フランチャイズに対する社会的なイメージが悪化しています。
その結果、加盟者を獲得する難易度は年々高まってきています。

 

令和時代のフランチャイズ展開 成功のポイント

時代の流れに合わせてフランチャイズ展開を小さくはじめて、大きく育てる。
これが令和時代のフランチャイズ展開 成功の極意 です。

①加盟店が集まらないリスクを踏まえ初期投資を最小限に抑制

フランチャイズ展開には様々な仕組みが必要となりますが、すべてを整えるには相応の手間とコストがかかります。
リスク回避のためには、初期段階では必要最小限の仕組みだけを整備してフランチャイズ展開をスタートし、段階的に仕組みを整えていく意識を持つことが大切です。

②店舗数を段階的に増やし、競争力を保てる最適規模で店舗展開

どのようなビジネスにも、1店舗当たりの収益性が最も高くなる最適規模がありますが、顧客ニーズの多様化が進む現代では、その最適規模が年々縮小する傾向にあります。
そのため、最適規模を超えないよう、段階的に店舗を展開し、着実な成長を目指すことが大切です。

③一定範囲で加盟店の自主性を尊重し真のWin-Winの関係を実現

フランチャイズ事業に自らの人生や会社の命運がかかっている加盟店経営者の力は、チェーンにとって大きな武器です。そのため、一定範囲で加盟店の自主性を発揮できる仕組みとすることで、店舗の収益性が最大化され、本部と加盟者の真のWin-Winの関係を実現することができます。

 

フランチャイズ本部構築サポートの流れ

当社では、「小さくはじめて、大きく育てるフランチャイズ展開」をコンセプトに、リスクを避けて、店舗展開を加速する令和時代の新しいフランチャイズ展開のあり方をご提案しています。
基本的なコンサルティングの流れは以下のとおりです。

第1回 ~ビジネスモデルの整理と改善方針の明確化~

フランチャイズ展開する事業のコンセプトやビジネスモデルの棚卸を行います。
この情報を基に、今後ビジネスモデルで改善すべきポイントや本部が加盟者に提供するサービスのあり方を検討します。

第2回 ~加盟店収支モデルの設定~

既存店の実績を分析し、収支シミュレーション資料を作成します。
本資料を基に、本部と加盟者の収益性、競合チェーンの水準などから、妥当な加盟金、ロイヤリティ額を検討します。

第3回 ~本部・独立者双方の権利と義務の明確化~

加盟者が成功をするために、本部が提供すべきサービスやサポート、情報システムのあり方等を検討します。
同時に、フランチャイズ契約書やその他契約書に盛り込む内容を確認、整理します。

第4回 ~フランチャイズ契約内容の確定と理解~

作成した契約書案の読み合わせを行い、各条項の意図を確認するとともに、ブラッシュアップすべき点を洗い出します。
また、FC契約締結までの流れを検討するとともに、各工程で使用する帳票や付属契約書類を整備します。

第5回 ~加盟店開発戦略・戦術の検討~

加盟ターゲットを明確化するとともに、中長期的視点から安定的に加盟店を開発していくための方針及び進め方を検討します。

第6回 ~加盟店開発ツールの整備~

加盟希望者に自社フランチャイズシステムの仕組みをわかりやすく伝え、魅力を感じてもらうために必要な情報の整理、検討を行います。

第7回以降 ~フランチャイズシステムの段階的整備~

FC展開の進展にあわせて、必要な仕組みを拡充していきます。
具体的には以下の内容が対象となります。
☑FCマニュアル
☑教育研修システム
☑SVシステム
☑立地評価・売上予測システム
☑物流システム
☑情報システム
☑FC担当者育成

 

コンサルティングの特徴

弊社のフランチャイズ本部構築コンサルティングプログラムには、以下の3つの特徴があります。

店舗ビジネスの経営力を強化するためのフランチャイズシステム活用

弊社では、クライアントが「フランチャイズ展開をすること」ではなく、「フランチャイズを活用して経営力を強化すること」をコンサルティングの目的としています。

そのため、店舗ビジネス専門のコンサルティング企業としてこれまで500社超の企業サポートを行ってきた経験に基づき、

  • ①店舗ビジネスの特徴や最新動向
  • ②クライアントの経営方針や経営状態
  • ③フランチャイズの専門ノウハウ

の3つの観点から、クライアントの悩みを解消するための唯一最善の方策を徹底的に追求します。

 

 

フランチャイズ展開に不可欠なツールを一式納品

コンサルティングの過程で、フランチャイズ契約書類一式、収支シミュレーションツール、加盟案内資料など、フランチャイズ展開に必要なツールを弊社主導で作成します。
コンサルティング完了後は、加盟店の募集が可能な体制が整います。

代表 高木による完全個別サポート

全てのクライアント企業に対して、代表高木が主担当としてご支援にあたります。
そのため、ご支援できるお客様の数は、月に20社までと限定させていただいております。

 

お問い合わせ・ご相談

弊社サービスにご興味を感じられた方は、ぜひ一度、個別相談にお申し込みください。
初回相談は無料にて対応しております。
遠方の場合は、オンラインにて対応させていただきます。

お問い合わせはこちら

 

また、弊社ではフランチャイズ展開の進め方を解説するセミナーを開催しています。
「まずはフランチャイズ立ち上げの仕方について学びたい」という方は、ぜひ一度、当社主催セミナーへご参加ください。

セミナーはこちら

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP