FC展開

FC展開

  1. FC展開

    デジタル化の進展から考察するフランチャイズ本部におけるSV機能の重要性について

    デジタル社会の進展により、様々なシステムが実装されてきています。それに伴い、人と人の接点の頻度や手法も変わってきました。コロナ禍が背中を押したとも言えます。そうした中でBtoC(企業と消費者)の接点、メルカリやオークションサイトの様なCtoC(消費者と消費者)の接点もアップデートされ…

  2. FC展開

    フランチャイズ契約書の読み合わせで加盟候補者に理解してもらいたい点とは②

    フランチャイズ契約書を締結するのは熟慮を重ねてもらう必要があります。加盟を決めた候補者の立場に立てば、将来の方向性を自己判断したこのタイミングでの気持ちは、とても高揚していることでしょう。儲かるイメージしか、持っていないかもしれません。しかし商売は非常に厳しいことを、加盟後も本部は説…

  3. FC展開

    フランチャイズ契約書の読み合わせで加盟候補者に理解してもらいたい点とは

    フランチャイズ契約書を専門家と一緒に作り上げることができれば、いよいよ加盟店開発とフランチャイズ契約書の締結です。ただ、フランチャイズ契約書の中に、フランチャイズ本部が加盟者へ伝えるべき内容をすべて記載することは不可能です。そこで今回は、フランチャイズ契約書を読み合わせる前提条件として、…

  4. FC展開

    加盟店開発に必要なフランチャイズ本部の熱意とは

    商品やサービスをお客様に販売する際のマーケティング手法の考え方は数多あります。その中でも一貫して言えるのは、商品やサービスを購入するお客様の立場に立って考えるということです。今回は本部にとってユーザーとも言える加盟検討者の立場に立って、加盟したい本部とはどういった本部なのか、さらに加盟店…

  5. FC展開

    本部と加盟者間のトラブルを予防する「理念共有型フランチャイズ」の考え方

    フランチャイズ展開は色々と問題が起きそうなので、社員を対象とするのれん分け制度の導入を考えていたのですが、タカキさんの話を聞いているとフランチャイズ展開もありだと思いましたこれは、先日弊社ののれん分け制度構築サポートにお申し込みをいただいた介護事業所チェーンを営む経営者からいただいた言葉です…

  6. FC展開

    デジタル時代のフランチャイズ加盟店開発のヒントとは

    変化のスピードは我々の想像以上に進んでいます。もはや人間が考えられる思考レベルをはるかに超えているようです。テクノロジーの進化を上手く活用できなければビジネスができない時代になりました。しかし一方で、人間味のある温かさの部分が差別化になるとも言われています。…続きはスマートフランチャ…

  7. FC展開

    本部・加盟店が共に育つフランチャイズシステムとは

    FCビジネスでは、「本部と加盟店が真のビジネスパートナーとしての関係性を構築できるかどうか」が成功の鍵となります。ただし、本部と加盟店は、資本関係もなく、支配関係もありません。そのため、本部の構築したビジネスモデルをそのまま丸投げしただけでは、「本部と加盟店が真のビジネスパートナーとして…

  8. FC展開

    加盟後のトラブルを防ぐ加盟店開発時の説明とは

    様々な苦難を乗り越えてやっとの思いで加盟店第1号店が開店すると、この加盟店をキッカケに店舗数の拡大に向けて飛躍できる次のステージへ向かいたいと本部は考えます。この1号店が成功するかしないかが、フランチャイズ本部の今後の事業を占います。本部としてはどんな手を使ってでも成功させたいでしょう。…

  9. FC展開

    強いフランチャイズ本部の前提条件とは

    フランチャイズ本部として加盟店とどのような関係を築いていけば良いのか、悩まれている経営者も多いでしょう。・加盟店を統制するためにどこまでフランチャイズ契約書で縛ることができるのか、・強い本部がいいのか、・加盟店の自主性を尊重する本部がいいのか、立ち位置が難しいところです。…続きは…

  10. FC展開

    これからの時代に合った「本部と加盟店の関係」とは

    フランチャイズ本部と加盟店の関係は、業種・業態、チェーンの理念によって大きく異なります。一般的に、コンビニのような均一的な商品・サービスの提供がビジネスモデルの上で重要な本部は、加盟店を厳しく統制しています。しかしそれとは逆に、加盟店の自主性を重視する本部もあり、中には看板までも加盟店の独自…

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP