のれん分け制度

のれん分け制度

  1. BLOG

    注目が集まる「独立支援制度」とは? 制度の概要から仕組み作りの手順までを解説

    「最近“独立支援制度”という言葉をよく耳にするのですが、具体的にどのような仕組みなのでしょうか」これは先日弊社に今後の経営方針のことでご相談に訪れたラーメンチェーンを営む経営者からいただいた質問です。人手不足問題が深刻化する中、店舗ビジネスを営む企業が人材採用の円滑化や定着率向上を実…

  2. 代表ブログ

    のれん分けを活用して、スタッフと顧客の流出を防止する

    こんにちは。常進パートナーズの高木です。先日、私が通っている美容院のスタッフから「独立することになったのでぜひお越しください!」と、ショートメールが届きました。この業界によくある、顧客を連れて独立するパターンですね…。個人情報を持ち出して直接アプローチしてくる強者は少…

  3. 代表ブログ

    これからの多店舗展開の考え方。直営展開か、のれん分け展開か。

    こんにちは。常進パートナーズの高木です。先週は、美容院の経営者からのれん分け制度について、以下のご相談をいただきました。現在2店舗経営していて、将来の目標は50店舗展開です。3店舗目以降を直営にするか、のれん分けにするかで悩んでいます。どのように考えるべきでしょうか。…

  4. 多店舗展開

    多店舗展開の3つの方法。直営・フランチャイズ・のれん分けのメリット・デメリット

    多店舗展開を進めていこうと考えたとき、真っ先に考えるのが「直営店舗による展開」でしょう。しかし、多店舗展開を進めていく手段は「直営店舗による展開」だけではありません。その他の代表的な手段としては、「フランチャイズシステムを活用した展開」、「のれん分け制度を活用した展開」があります。…

  5. BLOG

    美容業の経営者がのれん分け対象者へ伝えていただきたいこと

    弊社が美容業ののれん分け制度構築のご相談の場で、経営者からよくお聞きするのは「自社の社員に対し、のれん分けで独立するメリットを伝えきれるのか不安…」ということです。つまり美容業、特に美容院では、個人に顧客がつきやすいため「のれん分け制度を利用して独立するメリットがあまり感じられない」と、経営…

  6. BLOG

    美容室の経営者必見!のれん分け制度のつくり方と、美容業特有ののれん分け成功のポイント

    美容室やエステ、まつげエクステサロン、ネイルサロンなどの美容業で多店舗展開を進める際の効果的な方法に「のれん分け」があります。「オーナー制度」や「独立支援制度」「社内フランチャイズ制度」などと呼ばれることもあります。>「のれん分け」や「フランチャイズ」について詳しく知りたい方はこちら…

  7. BLOG

    のれん分け候補者に求められる要件と本部のあるべき姿勢とは

    「のれん分けする社員を見極める際のポイントはありますか?」これは、先日のれん分け制度構築のコンサルティングをご依頼いただいた飲食店経営者からいただいた質問です。のれん分け制度を成功させるうえで、「誰にのれん分けするか」は極めて重要なポイントとなります。どんなに素晴らしい仕組みをつ…

  8. BLOG

    事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、成功の3つのポイント

    店舗ビジネスで事業拡大を目指す効果的な方法の一つにのれん分けを活用した展開があります。しかし、誰もが一度は聞いたことのある「のれん分け」という言葉であっても、具体的にどのように始めたらよいのか、分からない人も多いのではないでしょうか。のれん分けは、現代の店舗ビジネスが事業拡大をしてい…

  9. BLOG

    のれん分け制度で本部が利益確保しなければならない理由とその考え方

    のれん分け制度を導入していてすでに何名か独立者も生まれています。ただ、今の仕組みだと本部の損失が大きいのです…どうしたものでしょうか。これは、先日、のれん分け制度の見直しの件で相談に訪れた美容院チェーンを営む経営者からいただいたご相談です。弊社には、のれん分け制度の導入に加え…

  10. BLOG

    のれん分け制度導入においてなぜ「対話」が必要なのか

    先日、のれん分け制度導入の説明会を実施して、すぐに制度利用者が現れた企業の話をブログで取り上げました(詳細は「のれん分けに必要な経営者と対象者の「対話」とは 」を参照)。https://johshin.co.jp/blog/5233その際に経営者と対象者には「対話」が必要であることを考察…

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP