多店舗展開

多店舗展開

  1. 多店舗展開

    多店舗展開の3つの方法。直営・フランチャイズ・のれん分けのメリット・デメリット

    多店舗展開を進めていこうと考えたとき、真っ先に考えるのが「直営店舗による展開」でしょう。しかし、多店舗展開を進めていく手段は「直営店舗による展開」だけではありません。その他の代表的な手段としては、「フランチャイズシステムを活用した展開」、「のれん分け制度を活用した展開」があります。…

  2. 多店舗展開

    店舗ビジネス経営者が理念を打ち出すことの効用とは

    「店舗ビジネスの社会的地位の向上に貢献する」これが弊社の掲げる理念です。代表の高木が、自身の外食企業勤務及び店舗ビジネスを中心としたコンサルタントとしての経験から打ち出した、お客様にお伝えしたい想いであり、弊社のコンサルティングを貫く思想です。最近では「のれん分け制度構築コンサルティ…

  3. 多店舗展開

    中小企業の経営者がマニュアル化を進めるメリットとは

    「気になることがあったので、全員に思っていることを聞いたら、Aさんが今回の原因になっていることが判明したのです」とある経営者から打ち明けられました。Aさんはその企業でも圧倒的な実績を出し続けるリーダー的存在です。「どうやってわかったのですか?」と聞いたところ、どうやら相互に挙手させたとい…

  4. 多店舗展開

    店舗ビジネスの多店舗展開を成功させるために必要な5つの要件とは

    「今後、店舗展開を加速していきたいと考えています。多店舗展開を進めていくには、どのような仕組みが必要でしょうか」これは、現在飲食店を10店舗展開しており、今後の目標として50店舗超の展開を目指す企業経営者からいただいたご質問です。店舗ビジネスでは、1店舗が生み出す売上や利益には限りが…

  5. 多店舗展開

    経営者としてキャリア構築のためにはじめに考えたいこととは?

    昨今のコロナ禍が拍車をかけましたが、現代は、不確実性の世の中であるとしばしば言われます。不確実性とは、文字通り、将来を見通しづらいことを意味しています。株価や為替の乱高下や世界中での気候変動による大きな影響もその1つでしょう。特に経済的には、政治的に資本主義の国が増え、ヒトやモノが国…

  6. 多店舗展開

    従業員に「キャリアを考えさせる重要性」とは

    弊社のれん分けコンサルティングをご利用いただく経営者の方は、「自社の従業員のキャリア構築の道筋を考えたい」という方がほとんどです。今回は飲食業界での事例を見ながら、従業員に「キャリアを考えさせる重要性」やそもそも「キャリア」とは何か、をまとめてみたいと思います。店舗ビジネスが抱える“社員…

  7. 多店舗展開

    自発的人材育成のために工夫したい人事制度のポイント

    社会環境の変化が速くなっている要因の1つにIT技術の進展があります。IT技術の進展は、人々の情報のやり取りを画期的に便利にしました。従来は、企業が情報を発信することがほとんどで一方通行でしたが、昨今では、個人から企業、また、個人から個人というように、情報のルートが多様化しました。同時…

  8. 多店舗展開

    支援型リーダーシップに取り組むための心構えとは

    「社員の様子があまり元気ないようで心配なんです・・・。」これは先日お会いした小売業の経営者の方の言葉です。以前は会社の雰囲気で特に気になるところはなかったようですが、この数か月で何となく変化を感じると言うのです。具体的には、「私に対する発言が減った」、「行動が消極的になったような気が…

  9. 多店舗展開

    社員の自発性を高める支援型リーダーシップの特徴とは

    コロナウィルスの影響が続いています。多くのエコノミストが経済の完全回復には、1~2年を要すると予想しているようです。緊急事態宣言が解除され数か月が経過した今でも、第2波といわれる感染者の推移は、容易に減少する気配を見せません。このような状況下において、経済活動が再開され、徐々に企業の…

  10. 多店舗展開

    ポストコロナにおけるリーダーシップスタイルとは

    先日お会いした飲食店の経営者の方は、新型コロナウィルスの影響がいつまで続くのか、大変心配していました。春先から売上げが大きく減り、夏を過ぎて少し持ち直してはきたものの、昨年のような繁盛する状態には戻っていません。近い将来ワクチンが開発されれば、お客が元に戻り、売上げも以前の水準になること…

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP