多店舗展開

多店舗展開

  1. 多店舗展開

    会社を成長に導くために経営者に求められる行動とは

    成長を遂げた中小企業や大企業の経営者と小規模企業の経営者で異なる行動とは企業は成長するに従い、業容を拡大します。飲食店やサービス業が拡大するときには、展開する店舗や地域が段階的に増えていきます。創業時であれば、店舗の規模や商圏が限られており、経営者が自らオペレーションを回すことが可能でし…

  2. 多店舗展開

    同僚や部下への態度が厳し過ぎるリーダーとの対話方法とは?

    「部下は仕事に熱心なのですが、周りへの態度が少しきついようで・・・責任感が強すぎるのでしょうか・・・」これは、駅前で小型のフィットネスクラブを営む経営者の言葉です。この会社は、パーソナルトレーニングに取り組む店舗を出店して2年が経ち、ようやく経営が軌道に乗ってきました。そこで、2店目、3…

  3. 多店舗展開

    原因を探るよりも大切な問題解決の方法とは

    「部下と対話を続けているのですが、今一歩だと感じでいるんです」「もう少し部下の行動を自発的にできたらと思っています」これは先日お話を伺ったサービス業の経営者の方が口にしていた言葉です。日頃から経営者の方には、社員を自発的に行動できるように育成することの大切さをお話しています。…

  4. 多店舗展開

    内向的な部下の行動を積極的にさせるには

    通信環境が発達して、ほぼ誰もがスマホを持ち歩き、情報の検索や人とのコミュニケーションが容易になりました。今後もこのツールの変化はさらに加速することでしょう。モノが便利になれば、今まで不可能なことが可能になったり、効率的になったりして、生活が豊かになります。一方、使い方次第では、負の側…

  5. 多店舗展開

    コミュニケーションツールを自発的人材育成に活用するポイントとは

    新型コロナウィルス感染症の拡大により、多くの企業に影響がでています。外出自粛や外国人旅行者の減少などによる売上げの減少、在宅勤務・テレワークの増加による働き方の変化など、その影響は多方面に及んでいます。今回の新型コロナウィルス感染症の影響はとても大きく、感染が収まったとしても、元の社会の…

  6. 多店舗展開

    自分本位の主張が強い部下の対処方法とは

    少子高齢化が進み、これからは今まで以上に人材の新規採用は難しく、現状の社内の人材を戦力に育てていくことが求められます。社員は、働く会社を選べる状況にあり、自社に勤務してもらっていることに感謝し、育成することが大切です。人材は、現金や設備などの資産のように、貸借対照表に表れることはありませんが…

  7. 多店舗展開

    社員の仕事に対する姿勢を変える”目的意識”の持たせ方

    「最近うちの社員の仕事が速くなってきました。また、この前は代替案を提案してきたんですよ。以前とは人が変わったようです」これは、弊社が継続的にサポートをさせていただいている理容店経営者の言葉です。サービス業は、飲食業や建設業とならび、人手不足が深刻な業種です。加えて、サービス業は人…

  8. 多店舗展開

    部下の自分本位の主張が強い理由とは?

    「部下との対話を始めたのですが、主張が強い部下がいまして。うまく話が進まないのですが・・」飲食チェーンを経営されている経営者から先日相談された内容です。部下をやる気にさせ、自発的に行動させるために、対話を心掛け始めたところでした。「入社1年目のA君がなかなか仕事を覚えてくれなくて…

  9. 多店舗展開

    スタッフの行動を習慣化させる方法とは?

    「部下の行動が自発的になってきたようなのですが、元に戻ってしまったな、と思う時もあるんです。行動を変えるって難しいですね。」これは、先日飲食店の経営者と人材育成の進捗についてお話したときの発言です。自発的人材育成の取り組みを開始して少しずつ会社の雰囲気が変わってきましたが、課題もまだ…

  10. 多店舗展開

    新型コロナによる環境変化を踏まえたビジネスモデル転換の必要性

    新型コロナウイルス感染症の影響により、従来の生活様式を変えることの必要性が問われています。最近では、出口戦略へとステージが変わってきていますが、とはいえ、新型コロナウイルス感染症の脅威がすぐになくなるわけではありません。「afterコロナ」ではなく、「withコロナ」の社会変革に迫られて…

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP