代表ブログ

これからの企業に求められる環境変化への対応力とは

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

最近、コロナ第3波が深刻化していることもあって
コロナ後の店舗ビジネスのあり方について
クライアント経営者や仲間と話をする機会が増えています。

コロナ後の世界がどうなるのか、、、
そんなことは現時点でわかるわけないのですが、

私個人的には、
コロナだけが特別視されている状況には
正直、疑問を感じています。

もちろん、足元の状況下において
コロナが重大な環境変化を起こしていることは間違いありません。

しかしながら、コロナによる環境変化の影響、
例えば「ソーシャルディスタンス」への意識等が
長期にわたり続くものでしょうか。

1,2年単位ならあるかもしれませんが、
それが中長期的に続くというのは、
過去に起きた重大事件を考えても想像できません。

むしろ、コロナ問題は

情報化や国際化、技術革新が引き起こした
環境変化の1つで、それがたまたま感染症だった、

と捉えたほうがしっくりきます。
(あくまで個人の見解ですが)

例えば、コロナ以外の最近の急速な環境変化としては
米国と中国の対立があげられるでしょう。

コロナと比べると影響範囲が小さいかもしれませんが、
大きな影響を受けている企業も少なくはないはずです。

これ以外にも、冷静に世のなかを見渡してみると、
環境が急変した事例は多くあります。

情報化や国際化、技術革新の影響により
急激な環境変化が起きうるのが現代です。

また、この環境変化の速度は
今後加速していくことは間違いないでしょう。

そう考えれば、

“コロナ”という特定の事象への対応策
だけを考えるのではなく

急激な環境変化全般への対応策を
考えていく必要があるのではないでしょうか。
(もちろん、コロナを乗り越えて生き残ること
が最優先であることは間違いないのですが)

そしてこのことは、コロナ発生以前から
当然に考えておくべき事柄ともいえます。

このような観点から
今後の店舗ビジネスのあり方を考えてみると、

例えば、

・相関性の低い複数の収益の柱を構築する

・FCシステムの導入により、本部固定費を圧縮する

・店主やスタッフの魅力による差別化を実現する

・企業が主体的に売上を作り出せる手段を開発する

などにより、
環境変化を乗り越えられる経営力を身に着けること
が大切になるでしょうか。

この考えが正しいかどうかはわかりませんが、
一般論を鵜呑みにするのではなく、
自分の頭で今後のあり方を考え続けることが
大切なのではないかと思います。

1年の節目となるこの時期に、
今後の世の中の流れと自社のあり方を
考えてみるとよいかもしれませんね^ ^

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、成…
  2. 【FC大全:第1回】フランチャイズ展開前に準備すべきことを知る
  3. のれん分け制度における加盟金やロイヤリティの考え方
  4. 店舗ビジネスの多店舗展開を成功させるために必要な5つの要件とは
  5. フランチャイズ本部の立ち上げ方。7つの手順と成功の3つのポイント…
  6. のれん分け契約書に盛り込んでおきたい条項例。絶対に入れなければな…
  7. のれん分け制度で直営店を譲渡する時の留意点。譲渡対価設計、譲渡契…
  8. 【FC大全:第5回】フランチャイズ本部の権利・責任を契約書に落と…

関連記事

  1. のれん分け制度で成功する3つの秘訣。失敗しないためのポイントとは…
  2. これからの時代に失敗しないフランチャイズ展開のあり方
  3. 社員の成長につながるフィードバック方法とは
  4. フランチャイズ展開に必要な本部機能とは
  5. 社員を育てると決めた経営者に心に留めていただきたいこと
  6. フランチャイズ展開により本部が得られる隠れたメリットとは
  7. 変化の多い社会で社員のキャリアを考える際に大切なこととは
  8. フランチャイズ本部と加盟者の契約に関するトラブルを回避する
21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP