FC展開

FC本部のつくり方を体系化した【完全版】 FC本部構築大全を無料進呈

「フランチャイズ」と「のれん分け」のどちらを選ぶべきか

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

春も本番になりましたね。
4月から新たな期がはじまる方も
多いのではないでしょうか。

私も、3月末でいくつかの仕事がひと段落し、
4月からは新しい取り組みもはじまります。

個人的に、春は何か新しいことをはじめるには
最高の季節ではないかと感じます ^ ^

さて先週はフランチャイズ本部立ち上げについて
新たに2社から相談をお受けしました。

ところが、はじめに構想中の内容をお聞きすると、
「実現したいこと」と「FC」という選択肢が
マッチしていないように感じます。

というのも、相談者が実現したいことは

・理念やビジョンの共有を最重要視したい
・社員のキャリアビジョン実現を応援したい

といったものであったのです。

相談者の話を聞けば聞くほど
「FC」よりも「のれん分け」の方が
向いているように感じましたので、
私からは「のれん分け制度の導入」を
ご提案させていただくことになりました。

FCとのれん分けの本質的な違いは、
「加盟者の違い」しかありません。

具体的には
のれん分けの加盟対象が「社員」であるのに対し、
FCの加盟対象は「第三者」となるのです。

本質的な違いはこれしかないのですが、
この違いが、制度構築や運用において
様々な違いをもたらすことになります。

例えば、
本部と関係の無い第三者を対象とするFCは
社員を対象とするのれん分けと比べて
理念やビジョンを共有することが難しくなります。

理念・ビジョン共有を最重要視するのであれば、
FCよりものれん分けの方が向いているでしょう。

続いて、FCでは、事業に必要な資金は
加盟者が用意するのが前提となります。

一方、のれん分けでは、
資金余力がない社員が加盟者となることもあるため
本部は資金面でのサポート方法も考えておく必要があります。

また、加盟者の集め方も異なります。
第三者を対象とするFCは、自社事業の魅力を
加盟希望者に適切に伝えることが求められますが

社員に独立を促すのれん分けでは
社員に「のれん分けで独立したい!」
と感じてもらうための教育&動機づけの仕組み
を整えておくことが求められるでしょう。

このように、
FCとのれん分けは似ている面があるものの
仕組みづくりのポイントは全く異なるものとなるのです。

ですから、FCやのれん分けシステムを導入する際には
経営者が実現したい姿を踏まえ、
最適な選択肢を選ぶことが大切です。

弊社では、相談者様の目指す姿を踏まえ、
それをより実現しやすい方法をご提案しています。

どちらに取り組むべきかお悩みの際は
お気軽にご相談いただけますと幸いです ^ ^

無料資料ダウンロード

FC本部立ち上げを進めていく際の手順やポイントをまとめた資料を無料進呈しています。宜しければ、下記よりダウンロードください。

FC本部のつくり方を体系化した【完全版】 FC本部構築大全を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  2. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  3. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  4. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  5. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  6. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  7. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  8. 店舗ビジネスの多店舗展開に求められる5つの要件とは

関連記事

  1. FC契約締結や更新時おけるFC本部の加盟店との向き合い方
  2. FC本部が加盟者へ提示する年間販売促進計画の必要性とは
  3. 令和時代の企業が他社と差別化するために大切なこと
  4. 経営理念を浸透させるために必要なこと
  5. 社会環境の変化に備えるFC本部経営に求められる意識とは
  6. 人材育成が上手く進まない企業の共通点
  7. フランチャイズ本部が知っておくべき加盟店審査の考え方
  8. のれん分け制度を導入するきっかけ

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP