代表ブログ

2021年の基本方針

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

2021年がはじまりましたね。

高木家では、毎年恒例の
年末年始の帰省を取りやめ、
ほぼ自宅で過ごすことにしました。

両親に会えなかったことは残念ですが、
その分、家族との時間や
今後について考える時間がとれたので、
まあこれはこれでよかったのではないかと思っています。
(これが続かないことを願いますが)

さて、今年はどのような一年になるでしょうか。

正直、不安は尽きませんが、
先のことを心配しても良いことはなさそうですので、

「未来は自分達の力で切り開く」

をモットーに、
本質的にやるべきことに集中して、
取り組んでいきたいと考えています。

では、本質的にやるべきこととは何なのか。
年末年始はこのことをずっと考えていましたが、
ようやく以下の内容にまとめることができました ^ ^


【基本方針】

コンサルティングやセミナー、
研修、コラムなどを通じて
良質なコンテンツを発信し続けること

【良質なコンテンツの定義】
  • 基本理念「店舗ビジネスの社会的向上」に基づく内容であること
  • 一般論ではなく、直近の外部環境を踏まえ、自ら考えた内容であること
  • 論理構成が明確で、第三者から見て納得感のある内容であること
  • 自らの思想や想いが込められていること

改めて見てみると、
コンサルを生業とする者として
当たり前の内容ばかりです(汗)

恥ずかしいことですが、振り返ってみると、
2020年はコロナに振り回されて、
大切なことを見失いかけたときがあったような気がします。

今年もきっと振り回されることになると思いますが、
だからこそ、この方針を忘れることのないよう、
最低月1回は振り返りを行っていく予定です。

皆さんは、この2021年
どのようなことに取り組みますか?

コロナを乗り越えることはもちろんですが、
過去振り返ったときに、「この1年が転機になった」
といえるような1年にしたいですね ^ ^

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  2. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  3. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  4. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  5. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  6. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  7. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  8. 店舗ビジネスの多店舗展開に求められる5つの要件とは

関連記事

  1. 事例から学ぶ 事業発展を導く経営計画策定のポイント
  2. ラーメン店におけるのれん分け制度を活用した多店舗展開
  3. 短期的な課題に加えて、中長期的な視点から本質的な課題に目を向ける…
  4. のれん分け制度の成功に不可欠な“マニュアル”とは
  5. 多店舗展開を進める際に経営計画が必要な理由
  6. 周囲の人を勇気づける社長の姿勢とは
  7. 自発的人材を育成するためにはじめに取り組むべきこと
  8. 令和時代の企業が他社と差別化するために大切なこと

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP