代表ブログ

今、この瞬間の“チャレンジ”が未来を決める!

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

コンビニ最大手のセブンイレブンが店舗で生命保険販売開始するようです。
コンビニで「生命保険を売る」と言われてもピンとこない方が多いのではないかと思います。

私もその一人ですが、これまでにない取り組みですから、その反応も当然のことでしょう。
コンビニでの生命保険販売が根付くのか、今後の動向が注目されます。

振り返ってみれば、セブンイレブンはこれまでも過去にないことに多くチャレンジし、その一部を世の中に根付かせてきました。
例えば、記憶に新しい事例としては「コンビニコーヒー」があげられます。

コンビニコーヒーが登場したときには懐疑的な声が多かった印象ですが、今では世の中になくてはならない存在となっています。
コンビニコーヒーが根付いたことで、コンビニ全体の競争力も増した印象です。

失敗をおそれず新しいことに積極的にチャレンジし、自社はもちろん、業界全体の存在価値を高めていくセブンイレブンの経営姿勢は、環境変化が急速に進む現代における理想的な姿なのではないかと感じます。

コロナ問題の影響もあり、過去に例のない環境変化が起きています。
このセブンイレブンの経営姿勢を手本に、新しい取り組みに積極的にチャレンジし、自らのビジネスモデルを革新し続けていきたいものですね。

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  2. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  3. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  4. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  5. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  6. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  7. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点

関連記事

  1. 社員の仕事に対する姿勢を変える”目的意識”の持たせ方
  2. 新しいフランチャイズのあり方で”身軽な経営”を実現する
  3. フランチャイズ本部構築時に確立すべき事業ドメインとは
  4. のれん分け制度を資金調達手段として活用する
  5. 新型コロナ危機を乗り越えるためのフランチャイズ本部の危機管理
  6. のれん分け制度で直営店を譲渡する時の譲渡金額の考え方
  7. これからのフランチャイザーに求められる要件
  8. 自発的人材育成に大切な「教える」取り組み

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP