BLOG

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

のれん分け制度における独立候補者に本部理念を共有することの重要性

のれん分けFC制度とは、古くから飲食店などで行われていた「長年働いてくれた奉公人や家人に同じのれん=家紋や屋号を使ってお店を出すことを認めるのれん分けの仕組み」を、フランチャイズビジネスのシステムを活用して発展させた仕組みです。
経営者にとっては、確実に店舗数を増やしていけることや働く場としての魅力を高められる等のメリットがあり、従業員には、長年勤務した経験を活かしてリスクを抑制しながら独立することができるメリットがあります。

ただし、これまでも繰り返し述べている通り、のれん分けFC制度を構築したとしても、適正に運営をしなければ、これらのメリットが得られるどころか、余計なトラブルを引き起こす原因になりかねない点に注意が必要です。

本部理念を共有することの重要性

のれん分けFC制度によるトラブルを防ぐ方策は様々ありますが、最も重要なポイントは
「本部経営者と元従業員との間で価値観や志を共有すること」といえます。
それは、価値観や志を共有することができていれば、多少のトラブルが生じようとも、お互いの信頼関係をベースに前向きな解決策を見つけることができるはずだからです。

以前、のれん分けFC制度と一般的なフランチャイズの最も大きな違いは、「加盟者が、第三者か、従業員(もしくは知人)か」という点であることを述べました。

なお、フランチャイズとのれん分けの違いについて詳しく知りたい方はこちらのコラムをご覧ください。

制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとフランチャイズの違い”

のれん分け制度においては、すでに加盟者と一定の信頼関係がある点で、通常のフランチャイズシステムに比べるとトラブルになるリスクは低いといえます。
しかしながら、独立後、元従業員の環境は激変することとなります。

独立時にいだいていた気持ちが徐々に変化してしまうことは往々にしてあることです。
あたりまえのことですが、独立後、店舗経営が上手く行かなければいかないほどその傾向は顕著になりますので、トラブルになる確率も当然に高まります。

このような事態を防止するためにも、価値観や志(=理念)を明文化するとともに、理念の内容を定期的、継続的に元従業員と確認することが不可欠なのです。

本部理念を明確化する際の着眼点

価値観や志を明文化するにあたっては、以下の視点で検討を進めるとよいでしょう。

使命

当該ブランドの経営を通して何を実現しますか?
顧客や社会にどのような影響を与えますか?

将来像

将来(○年後)、当該ブランドはどうなっていたいですか?何を達成していたいですか?

価値観

当該ブランドにとって正しい姿勢・行動はどのようなものですか?

上記の視点で本部の経営理念を整理・明文化するとともに、それらを会議時や店舗訪問時など、事あるごとに確認、共有していくことが大切です。
言葉だけで共有を図ることは困難ですから、理念ブック等の形式で可視化することが独立者と想いを共有するポイントとなります。

無料資料ダウンロード

のれん分け・社員独立FC制度構築の手順やポイントをまとめた資料を無料進呈しています。宜しければ、下記よりダウンロードください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. のれん分け制度で直営店を譲渡する時の留意点。譲渡対価設計、譲渡契…
  2. 【フランチャイズ本部構築決定版】第1回:フランチャイズ展開前に準…
  3. 店舗ビジネスの多店舗展開に求められる5つの要件とは
  4. 【フランチャイズ本部構築決定版】第5回:フランチャイズ契約書類を…
  5. 事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、の…
  6. 新規事業をしたい人必見!フランチャイズ本部立ち上げの7つの手順と…
  7. のれん分け契約書に盛り込んでおきたい条項例。絶対に入れなければな…
  8. のれん分け制度における加盟金やロイヤリティの考え方

関連記事

  1. 焼肉店におけるのれん分け制度の検討
  2. 店舗ビジネス経営者が理念を打ち出すことの効用とは
  3. 会社の事業拡大に社員の幸せ追求が不可欠な理由
  4. 部下の自分本位の主張が強い理由とは?
  5. 人手不足問題を解決するためのポイント
  6. 飲食業界におけるのれん分けフランチャイズパッケージ例
  7. のれん分け制度の導入目的に応じた制度設計のあり方
  8. 経理・勤怠管理・給与計算業務は自動化できる

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

セミナー開催予定はこちら

お問い合わせはこちら

人気のある記事

PAGE TOP