代表ブログ

他の業界に目を向けることの重要性

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

先週は、爬虫類ショップ経営者のご相談をお受けしてきました。

地味に海水魚を飼育している私ですが、爬虫類ショップは未知の領域。
爬虫類業界のマニアック情報をたくさん教えていただき、大変勉強になりました ^ ^

さて、ここまでお読みいただいて、疑問を感じられたかもしれません。

爬虫類ショップのことを知らない高木が、その経営者の相談を受けられるものなのか…?

「できるわけないだろ!」と思われるかもしれませんが、これは大きな誤解です。

業界についての知識があることと、コンサルティングができることは、全く別次元の問題です。
むしろ、先入観にとらわれない分、業界の知識がない方が良いくらいです。

店舗ビジネスを営む経営者が抱える悩みは、業種業界によって多少違いはあるものの、
基本的には、ヒトとカネの問題にいきつきます。
そして、その問題の解決策は、ほぼ間違いなく、すでにどこかの業界で解決策が開発されています。

例えば、今回相談を受けた爬虫類ショップ業界ではブログを用いた集客方法が他業界に比べて圧倒的に発展しています。
この集客方法は、立地が悪くて集客に苦しむ飲食店でも十分に取り入れられるノウハウです。

逆に、飲食業界ではFC展開手法や人材募集方法が他業界に比べて発展しています。
このノウハウは、爬虫類ショップ業界にも流用することが可能です。

このように業種業界によって、得意としている分野、苦手としている分野があります。
私たちコンサルタントの仕事は、各業界が得意としている分野のノウハウを体系化し他業界に展開していくことでもあるのです。

ということで、この爬虫類ショップの経営者様には最近飲食業界で導入が進んでいる新しいタイプのFCシステムの導入をおすすめさせていただきました。

みなさまのお悩みも、その業界内では解決されていなくても、すでにどこかの業界では、解決策が開発されているかもしれません。
たまには他業界の事例や動向にも目を向けてみることが大切かもしれませんね。

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  2. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  3. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  4. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  5. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  6. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  7. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは

関連記事

  1. 社員のやる気を引き出すスイッチの見つけ方とは?
  2. フランチャイズ本部構築の成否を左右するSV育成のあり方
  3. 経営理念を浸透させるために必要なこと
  4. 自発的人材育成に大切な「教える」取り組み
  5. のれん分けで独立者との信頼関係構築に失敗する本部に共通する点とは…
  6. これまで目をそらしてきた苦行が会社の命運を左右する
  7. 【FC本部構築決定版】第2回:FC展開のプロトタイプモデルを確立…
  8. 【2019年度版】無料でできる商圏分析!~jSTAT MAPの利…

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP