代表ブログ

周囲の人を勇気づける社長の姿勢とは

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

「いまどのようなことをやっておくべきでしょうか」

先日、カフェを営む経営者からいただいたご相談です。

緊急事態宣言も発令され、もはやコロナ問題の影響をうけていない方はいないと思います。

このような中、いますべきことは何か。

様々な考え方があると思いますが、私の考えとしては、この答えは以下の2点に集約されるのではないかと考えています。

 

【やるべきこと①】資金繰り対策

会社を存続させることが最優先。
そのためには、当面の資金繰りに目途をつける必要があるでしょう。

具体的には、現状の収益状況が3~6ヵ月は続くことを前提に、資金が持つかどうかを検証します。

仮にこの前提で資金ショートする可能性があれば
・資金調達手配
・補助金、助成金活用
・固定費削減 など、
できることはすべてやっておくべきです。

特に、各省庁や自治体が企業支援施策を多数発表しています。
利用できるものはすべて利用しましょう。

また、すぐ取り組みたいのが「家賃減額交渉」です。

弊社の関係先でも、
・3~6ヵ月の期間
・30%前後の減額
で家主と合意したケースがあります。

仮に減額を拒否されたとしても、保証金からの一部補填であれば、家主からの了解も得やすいと思います。

もし、まだ家賃交渉をされていなければすぐに行動に移すことをおすすめします。

 

【やるべきこと②】未来に向けた取り組み

当面の資金繰りに目途が着いたら、コロナ問題後に向けた取り組みに着手すべきです。

やるべきことは会社によって異なるため、一概に「これ」ということはできませんが、あえてポイントを申し上げれば、

経営のために絶対にやった方がいいけど、やらなくてもすぐには困らないこと

に取り組むべきです。

例えば、人間でいえば、
・運動をすること
・十分な休息をとること
・本を読むこと
などが該当します。

企業でいえば、
・幹部と経営方針を立てること
・社員とコミュニケーションをとること
・見過ごしてきた問題と向き合うこと
などが該当するでしょう。

このような取り組みは、数か月先、数年先の企業経営力に直結します。

短期的に業績アップが難しい今だからこそ、将来に向けた取り組みに目を向けるべきです。

この姿勢の有無が、コロナ問題後の差になって表れると感じます。

 


 

いまは、誰もが苦しい時期だと思います。

しかしながら、ネガティブマインドになっても何も生まれせん。

こんな時こそ前を向いて行動し、周囲を勇気づけられる存在でありたいですね。

 

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  2. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  3. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  4. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  5. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  6. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  7. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点

関連記事

  1. 考課者間での評価のばらつきを抑制する唯一最善の方策とは
  2. 人事評価制度と評価者の意識づけ
  3. 部下の自分本位の主張が強い理由とは?
  4. FCパッケージに商材提供を含める場合の留意点
  5. 【FC本部構築決定版】第7回:FC本部のSVやスタッフを育成する…
  6. 飲食店開業の戦略⑤「利益が出る」メニュー開発
  7. 人材確保を目的としたのれん分け制度導入時の留意点
  8. 経営計画を作って変化を起こす行動のきっかけにする(中編)

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP