FC展開

FC本部のつくり方を体系化した【完全版】 FC本部構築大全を無料進呈

フランチャイズ本部構築時に策定すべき“基準となるマーケティング戦略”

「FC展開する際、加盟店が取り扱うサービスはどの程度決めておくべきなのでしょうか?」

これは、過去に弊社がサポートをさせていただいた鍼灸整骨院チェーンをFC展開する経営者からいただいた質問です。

FCシステムを簡単に説明すると、
・本部から加盟店に対して成功する仕組みを提供し、
・その見返りとして加盟者は本部に対して対価を支払う、
というものです。

本部は加盟者に対して成功する仕組みを提供するわけですから、加盟店が本部と同じような成果を得られるよう、基本的には、加盟店が店舗で取り組む内容の大半は、本部が基準やルールを定めておく必要があります。

具体的には、本部が設定した事業ドメイン(詳細は「フランチャイズ本部構築時に確立すべき事業ドメインとは」を参照)に基づき、自社が展開する業態の基本となるマーケティング戦略を整理し、加盟店が一定の成功を収めるために、守らなければならないポイントを明らかにしていきます。

 

FC本部が策定すべきマーケティング戦略とは

業種業態によって切り口は若干異なりますが、おおむね以下のような視点を整理しておくとよいでしょう。

① 商品・サービス

FC展開を志向するほどですから、提供する商品やサービスはおおむね固まっていることでしょうが、商品・サービスによってはFC展開に向かないものもあります。

例えば、提供するのに高い技術が必要で、技術を習得するまでにそれなりに時間がかかるようなものをFC加盟店に提供させてしまうと、店舗によって提供品質にばらつきが生じ、結果的にチェーン全体の競争力を引き下げることになりかねません。

また、一般的に、本部よりもノウハウや経験が少ないFC加盟店では、直営店に比べて収益性が低くなる傾向にあります。
FC加盟店の場合、ロイヤリティ等の追加コストが発生することを考えると、直営店は現状の商品・サービスで十分に収益を確保することができていたとしても、加盟店は十分な利益を確保することができないかもしれません。

このような場合は、より収益性を高めるための商品・サービス導入を検討しておいた方がよいでしょう。

以上のような観点から既存の商品・サービスを見直し、FC加盟店に導入する商品・サービスを固めていきます。

② 立地条件

FC事業が成立する立地条件を明らかにします。

店舗ビジネスでは、「成功するかしないかの7割は立地で決まる」といわれるほど、出店立地が重要な要素となります。
立地条件については妥協することなく、成立する条件を細かく洗い出していく必要があります。

基本的には、現在展開している直営店のうち、モデルとなる店舗を選出し、そのモデル店舗を基準に重要な要素を抽出し、設定していきます。
切り口としては、最低限、以下内容は整理しておくべきでしょう。

立地タイプ
  • 駅前、繁華街、住宅地、商店街、オフィス街、郊外ロードサイド、ショッピングセンター内など、展開する業態が成立する立地タイプ。
商圏の範囲と規模
  • 店舗の商圏範囲はどの程度の広さになるか、またその商圏内にどの程度の市場規模が必要か。
  • 商圏範囲は、既存顧客の情報があれば、地図にプロットしていくとよい。
  • 市場規模は、「商圏内のターゲット顧客の人口・世帯数×家計調査の品目別支出金額」にて算出可能。
主要導線との関係性
  • 近隣主要導線からどの程度の距離である必要があるか
  • 近隣にあった方がよいものとその条件(駅から徒歩●分以内、大学と駅の導線上にある等)
建物の条件
  • 適正な面積、視認性の条件、ビルイン店舗の場合は階層、坪あたり賃料の目安、駐車場の有無 等

③ 店舗内外装

店舗内外装は、当該店舗に対する顧客の印象を決める重要な要素です。

チェーン店では、一般的に「どの店舗にいっても同じ体験ができること」が重要視されますから、店舗内外装についても標準形を明確化し、FC加盟店に遵守してもらう必要があります。

店舗内外装のデザイン、看板のイメージ、使用する什器備品や機械設備など、消費者からみたブランドイメージを保つために必要となる要素を細かく設定していきます。

なお、店舗内外装の設計については、FC加盟店にまかせず、本部が実施することが一般的です。

④ 販売促進

FC加盟店が独自で実施でき、かつ効果が見込める販売促進活動を明らかにします。

どのようなビジネスモデルにもライフサイクルがあり、好調な時もあれば、不調な時もあります。
また、どのような好調なチェーンでも、店舗展開の進展に伴い、思った通りに売上を上げられない、いわゆる不振店舗は必ず現れてきます。

そのようなときに、FC加盟店の自助努力によって業績を立て直せるよう、FC本部はノウハウを蓄積しておくことはもちろんのこと、それを整理して加盟店に示せるようにしておく必要があります。

⑤ その他

上記以外にも、営業時間、スタッフの体制、店舗運営の方法など、本部が展開するビジネスで一定の成果を出すために必要な項目を洗い出し、基準を明確にしておくことが必要です。

 

まとめ

以上、フランチャイズ本部構築時に策定すべき“基準となるマーケティング戦略”の考え方をご紹介しました。

FCシステムでは、本部は加盟者に対して成功する仕組みを提供し、その対価を得るわけですから、加盟者が高い確率で成功できるよう、店舗におけるマーケティング戦略もできる限り標準化しておくことが求められるでしょう。

このような標準形を確立しておくことによって、FC加盟店の成功の再現性を確保できるとともに、FC展開時の出店スピードを高めていくことができるのです。

 

無料資料ダウンロード

FC本部立ち上げを進めていく際の手順やポイントをまとめた資料を無料進呈しています。宜しければ、下記よりダウンロードください。

FC本部のつくり方を体系化した【完全版】 FC本部構築大全を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  2. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  3. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  4. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  5. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  6. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  7. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”

関連記事

  1. withコロナ時代に必要なFC本部や加盟店のマインドセットとは
  2. 経営計画を作って変化を起こす行動のきっかけにする(後編)
  3. のれん分け制度の成功に不可欠な人事評価制度の考え方
  4. のれん分け制度のトラブル事例
  5. のれん分け制度における独立者への資金調達支援の考え方
  6. 人事評価制度と評価面談の進め方
  7. 他の業界に目を向けることの重要性
  8. 目的意識が社員の意識と行動を変える

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP