代表ブログ

企業の永続のために今選択すべきこと

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

最近は新型コロナの話題でもちきりですね。
多くの方が何らかの影響を受けているのではないかと思います。

かくいう私も、3月末まで子供を保育園に預けられないことが確定し、途方に暮れているところです…
一日でも早く、事態が鎮静化することを願うばかりです。

とはいえ、会社の運命を環境にゆだねるわけにもいきません。
ここはしっかりと現状の振り返りを行い、会社を永続させるための取り組みに着手していかなければなりません。

情報化やグローバル化が進む現代において、今回のような急激な環境変化は、今後たびたび発生することが予想されます。

もし、このコロナ騒動で会社が苦しい状況にあるのであれば、そこには会社の永続に向けた課題が潜んでいるはずです。

例えば、私の知人で研修やセミナーが事業収入の9割を占める会社を経営している方がいます。
その会社は、コロナ騒動で3月の仕事の大半が中止になったそうです。
まさに会社の存続にかかわる危機的状況です。

その要因にコロナ騒動があることは間違いありませんが、
“特定事業に売上の大半が集中している事業構造”
企業の永続に向けた課題と捉えることもできます。

新型コロナ問題が鎮静化すれば、売上は元に戻ることでしょう。
しかしながら、今の事業構造を変革しない限り、同様の問題が起こった際に、同じ苦境に立たされることは明らかです。

いま、私たちは、知らず知らずのうちに
・耐え忍んで現状を維持するのか、
・これを機会と捉えて経営を革新するのか、
2つの選択肢が提示されているのだと思います。

今の時代、現状維持の先に明るい未来があることは考えにくいのが実情です。
新しい取り組みにはリスクがつきものですが、こんなときだからこそ、歯を食いしばって、企業を永続させるための“いばらの道”を選択したいものですね。

弊社の利益倍増計画作成セミナーでは企業の永続に向けて解決すべき課題を明らかにする方法をお伝えしています。
興味を感じられた方はぜひご参加ください。

▼詳しくはこちら▼

利益倍増計画の作り方セミナー

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. のれん分け制度における加盟金やロイヤリティの考え方
  2. 店舗ビジネスの多店舗展開を成功させるために必要な5つの要件とは
  3. のれん分け契約書に盛り込んでおきたい条項例。絶対に入れなければな…
  4. のれん分け制度で直営店を譲渡する時の留意点。譲渡対価設計、譲渡契…
  5. のれん分け制度における3つの独立形態。「直営店譲渡」「経営委託」…
  6. 【FC本部構築決定版:第5回】フランチャイズ本部の権利・責任を契…
  7. 事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、成…
  8. 【FC本部構築決定版:第1回】フランチャイズ展開前に準備すべきこ…

関連記事

  1. 飲食業界におけるのれん分けフランチャイズパッケージ例
  2. フランチャイズ本部に必要な物流機能の考え方
  3. 3店舗規模からできる!FC展開の鉄板の仕組みセミナー開催決定
  4. 自発的人材育成を進めるために、はじめに取り組みたいポイントとは
  5. これからの企業が身に着けるべき”攻めの経営姿勢”とは
  6. 多店舗展開を進める企業が注意すべき情報伝達経路の断絶
  7. 新型コロナ後の店舗ビジネスのあり方を考える
  8. フランチャイズ本部に求められる災害対応のあり方とは
21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP