代表ブログ

フランチャイズやのれん分けを活用して「身軽経営」を実現する

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

「身軽経営を実現する」というお話が大変勉強になりました。

これは、先週弊社のFC本部立ち上げセミナーの
参加者からいただいた感想です。

ここ最近、企業が保有する不動産を
売却する動きが加速していることを事例に、
これからの経営で重要なポイントとして

「身軽経営」

をご紹介させていただいたのです。

電通が本社ビルを売却することが話題となりましたが、
会社の不動産を売却する動きがここ最近加速しています。

この狙いは、

不動産の売却によって得た資金で負債を返済し、
貸借対照表を小さくするとともに、
借入金返済負担を軽減すること

にあるでしょう。

新型コロナの影響から、
資産や固定費をできる限り持たない
「身軽経営」への転換を進めている企業が
増加しているのです。

情報化、国際化、技術革新が進む現代は、
環境の急変が起こりうる時代です。
新型コロナはその代表例でしょう。

発生しうる環境変化を想定して対策を講じたとしても、
想定をはるかに超えた事象が起きる可能性があるのです。

このことを踏まえると、現代の企業は、
予想を超えた環境急変が生じることを前提に、
環境変化に強い経営体質を整備していかなければなりません。

資産や固定費をできる限り持たない
「身軽経営」の実現は、
これからの企業が存続・発展していくための
条件になるものと考えます。

そして、店舗ビジネスが
この「身軽経営」を実現するためには、

・店舗投資を圧縮すること
・人件費や家賃等の固定負担を圧縮すること

の2点が重要な課題となります。

しかし、店舗ビジネスの性質上、
直営店方式で上記を実現するには
限界があることも事実です。

この問題は、店舗ビジネスを営む企業にとって
避けては通れない問題です。

この問題をどのように乗り越えるのか。

店舗ビジネスにとって
この問題を解決する唯一の方策は

加盟者の他人資本を活用する
FCやのれん分けシステムを活用すること

といえるでしょう。

これまで、FCやのれん分けは
「店舗展開を急速に進めること」
を目的として導入されてきました。

しかし今後は
「身軽経営を実現すること」
を目的とした導入が増えていくものと予想します。

3店舗、5店舗、10店舗規模でも、
身軽経営実現のために、
FCやのれん分けを活用する時代となったのです。

当然、システムのあり方も従来とは変わります。
具体的には、
「小さくはじめて、段階的に大きく育てる」
FCやのれん分け展開のあり方が、
これからのスタンダードになっていくものと考えます。

弊社でも、これからのFCやのれん分けのあり方を研究し、
みなさまに発信していきたいと思います^ ^

小さくはじめて、大きく育てる!フランチャイズ本部構築の進め方

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. のれん分け契約書に盛り込んでおきたい条項例。絶対に入れなければな…
  2. 【FC本部構築決定版:第5回】フランチャイズ本部の権利・責任を契…
  3. のれん分け制度における3つの独立形態。「直営店譲渡」「経営委託」…
  4. のれん分け制度で直営店を譲渡する時の留意点。譲渡対価設計、譲渡契…
  5. フランチャイズ本部の立ち上げ方。7つの手順と成功の3つのポイント…
  6. 事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、成…
  7. 店舗ビジネスの多店舗展開を成功させるために必要な5つの要件とは
  8. のれん分け制度における加盟金やロイヤリティの考え方

関連記事

  1. 「のれん分け」で悩みを解消できる経営者とそうでない経営者の違いと…
  2. フランチャイズ加盟店営業の実施主体を考える
  3. のれん分け制度の構築手順と成功のポイントを公開!
  4. 大手CVS本部の苦戦から読み解く 新規個人加盟者を中小フランチャ…
  5. のれん分け制度の2つのタイプ
  6. 若手社員との接し方で工夫するポイントとは
  7. のれん分け制度の導入目的に応じた制度設計のあり方
  8. ロイヤリティの積算根拠をFC本部が明確にする重要性
21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP