BLOG

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

構築した「のれん分け制度」をスムーズに導入するには

弊社では、実際にのれん分け制度構築等のコンサルティング支援をご提案する前に、無料の個別相談をお受けしています。
そこではご相談企業のビジネスモデルの概要や、のれん分け制度対象者の有無をご確認させていただくともに、制度構築に対するご質問やご不安等についても、ざっくばらんにお話しいただいています。

その場で多くの経営者からいただくご質問に「のれん分け制度を作ったものの、社員が利用しない恐れはないでしょうか」というものがあります。
これは当然のご不安かと思いますが、お答えは「その企業ごとにケースバイケース」とお伝えするよりほかないのです。

なお、のれん分け制度つくりや成功のポイントについて詳しく知りたい方はこちらのコラムをご覧ください。

事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、のれん分け成功の3つのポイント

(1)のれん分け制度を作ったとたんに制度利用者が続出する企業とは

これまで弊社で制度構築のご支援をした企業で、「制度を作ったとたんに予定していた第一号独立者を輩出し、その後経営者による制度説明会を実施したところ、次々に希望者が手を挙げた」という事例がありました。
この事例からわかることは、まずはきちんと「制度説明会」を開催し、そして制度の概要はもちろん、加えて経営者がご自分の言葉で「のれん分け制度を作った目的」「のれん分け制度にこめた想い」を社員へ直接伝えていただくことが有効だということです。

弊社コンサルティングでは、経営者がなぜのれん分け制度を導入しようとしたか、その想いを「のれん分け制度説明資料」の中で、社員へ伝わるように、経営者の言葉を活かす形で入れていきます。
ですから、もし理路整然と話すことが苦手な経営者の方でも、その資料をお使いになることで、社員に伝えたい想いは漏らさずお伝えいただけるかと思います。

なお、のれん分け対象者に必要な働きかけについて詳しく知りたい方はこちらのコラムをご覧ください。

のれん分けに必要な経営者と対象者の「対話」とは

(2)のれん分け制度は作っただけでは使われない

のれん分け制度だけではなく、企業が整備する一般的な人事制度、中でも社員が選択的に利用できる制度は、ある一定の条件が揃わないと利用されないことが多いのです。
制度をというより「制度を整えることによって経営者が実現したい状態」、つまり制度を作った目的が達成されない、といってもよいでしょう。

その条件とは「制度×風土×意識」の3つが揃うことです。
制度は、当然ですが「利用できる制度が整っていること」がスタートラインです。
制度が整っていないのに、「のれん分けしたい」という対象者が出るほうが、むしろラッキーでしょう。
その場合、経営者は制度を整えることで、迅速に独立者を輩出できます。

次に「風土」とは、職場風土や組織風土と言われるもので、その企業の社員が共通でもっているルールや行動規律、価値観のことを指します。
例えば、職位の上下関係なく自由に意見の言える雰囲気のある企業もあれば、お互い何を考えているかわからない、あまりお互いのことには興味を持たない、といったように、その企業ごとに根付いている風土です。

ですから説明会でのれん分け制度に興味を持ったとしても、「それやりたいです!」とその場である程度反応が読める企業と、「周囲には知られたくない」とその場ではほとんど意思が読めない企業に分かれます。
職場風土は長い時間かけて培われたものなので、一朝一夕に変えられるものではなく、経営者の方には「うちの会社で制度を発表したら、希望者やその予備軍をどのように見つけるか」といったことを入念に考えてご準備いただきたいと思います。
なお、弊社コンサルティングでは、これまでの導入事例を参考に、その点についても企業の状況をお聞きしながらアドバイスしております。

3つ目の「意識」とは、社員のキャリアに対する意識です。
これも日頃から、社員に「将来を考える機会」を与えている、例えば研修や個人面談等で仕事の目標やキャリアについて考えさせている企業と、そうではない企業では、当然ながら「制度」に対する社員の反応は違ってきます。
経営者の想いがなかなか伝わらない、といったお悩みもお聞きすることがあり、そういった場合は「自分の将来を考えるキャリア研修」の実施等、ご提案をさせていただいています。

なお、店舗ビジネスにおけるキャリア研修について詳しく知りたい方はこちらのコラムをご覧ください。

のれん分け制度を導入している会社が実施すべき“キャリア教育”とは

(3)経営者に寄り添いながら想いを実現させていく

このように、作った制度がどのようなものかだけでなく、企業へスムーズに導入するには、経営者の方には事前に考えてご準備いただくポイントがいくつかあることがおわかりいただけたと思います。
そしてその状況、対応はご支援する企業によって様々です。

ですから弊社のれん分け制度構築コンサルティングでは、のれん分け制度を構築することはもちろん、その後の導入についても、企業の状況と経営者のご希望をお聞きしながら、真摯に解決策を探り、最終的な「経営者の想いの実現」という真の目的に向けた伴走型支援を日々行っております。

無料資料ダウンロード

のれん分け・社員独立FC制度構築の手順やポイントをまとめた資料を無料進呈しています。宜しければ、下記よりダウンロードください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 【FC大全:第5回】フランチャイズ本部の権利・責任を契約書に落と…
  2. フランチャイズ本部の立ち上げ方。7つの手順と成功の3つのポイント…
  3. のれん分け契約書に盛り込んでおきたい条項例。絶対に入れなければな…
  4. 店舗ビジネスの多店舗展開を成功させるために必要な5つの要件とは
  5. 事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、成…
  6. のれん分け制度で直営店を譲渡する時の留意点。譲渡対価設計、譲渡契…
  7. 【FC大全:第1回】フランチャイズ展開前に準備すべきことを知る
  8. のれん分け制度における3つの独立形態。「直営店譲渡」「経営委託」…

関連記事

  1. これからの企業に求められる環境変化への対応力とは
  2. のれん分け制度を資金調達手段として活用する
  3. 自発的人材を育成するためにはじめに取り組むべきこと
  4. のれん分けに必要な経営者と対象者の「対話」とは
  5. のれん分け制度を設計する際に意識すべき従業員の将来像
  6. のれん分けの活用で実現できる“理念共有型フランチャイズ”とは
  7. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとフランチャイズの違い…
  8. 危機的状況にこそチャンスがある?
21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP