代表ブログ

3店舗規模からできる“小規模FC”が求められる理由

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

先日、年内最後となる

小さくはじめて大きく育てる
FC展開の鉄板の仕組みセミナー

を開催しました。

◆詳しくはこちら

本セミナーは、今年9月から開始しましたが、
ご参加いただいた方々のお悩みをお聞きする中で、
今後のFC展開のあるべき姿を
より明確にすることができたと感じています。

特にこれまでとは

FCシステムを導入する目的

が大きく変化していきていることを実感しています。

これまでのFC展開といえば、
スピーディーに数百、数千店規模の展開をすることで

・ブランドイメージの確立
・スケールメリットの実現
・先行者利得の享受

等を実現することが主たる目的とされており、
このことを前提にFCシステムは発展してきました。

そのため、FC展開を進めるためには
少なくとも100店舗超の展開に耐えられるシステム
を構築することが求められていたのです。

実際、
「FCシステムって大変そう…」
と感じられている方も多いのではないでしょうか。

ところが、弊社のセミナーに
参加された方のお話を聞いてみると、
数百店舗どころか、10店舗程度を
目標にしている方も少なくありません。

このような方のFCシステム導入の目的は、

店舗展開を加速することではなく、
自社の経営力を高めること

にあるのが特徴です。

FCシステムを導入するメリットの一つに、
本部と加盟店でリスクを分散できることがあります。

例えば、昨今のコロナ問題のように
急激な環境変化によってチェーンの売上が激減しても、
FCチェーンでは、その影響を
本部と加盟店が双方で負担します。

加盟店舗に限っていえば、本部は
当該店舗から得られるロイヤリティは減少しますが、
家賃や人件費等の固定費は、加盟者が負担します。

直営方式と比べれば、本部に生じる損失を
抑制することができるのです。

技術革新や情報化、国際化が進む中
環境変化の速度は今後も増していくことは間違いありません。

この環境急変時代に生き残っていくためには、
環境変化に対応できる経営力を身に着けるほかありません。

そして、このことを実現する極めて有効な手段が

FCシステムを導入すること

なのです。

弊社のセミナーに参加する方の大半は
環境変化に対応する経営力を身に着けるために
FCシステムの導入を検討しています。

そして、ここがポイントとなりますが、
従来とは目指す店舗規模が異なりますので、
FCシステムのあり方や展開の進め方も
当然に変化します。

弊社の考えをお伝えすると、

最小限の仕組みでFC展開を開始し、
様子を見ながら段階的に大きく育てる

ことが、令和時代のFC展開成功の秘訣です。

この考え方であれば、
現時点の店舗規模が3店舗程度でも、
ムリなくFC展開を開始することが可能です。

実際、弊社の支援先には
3店舗規模でFC展開をスタートさせている企業が多くあります。

時代の流れとともに、
店舗ビジネス経営のあるべき姿も変化しています。

今後の選択肢の一つとして
FCシステムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

店舗ビジネス業界の発展のためにも、
小さくはじめて大きく育てるFC展開のあり方が
広がっていってほしいと思います ^ ^

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  2. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  3. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  4. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  5. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  6. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  7. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”

関連記事

  1. のれん分け制度における独立者への資金調達支援の考え方
  2. 従業員に「キャリアを考えさせる重要性」とは
  3. メニューブックをつくる④単品商品を掲載する
  4. 自発的人材育成に不可欠なキャリア形成支援とは
  5. 原因を探るよりも大切な問題解決の方法とは
  6. 時代遅れとなった「従来型フランチャイズの常識」とは
  7. これからの環境変化に対応する中小FC本部に必要な店舗展開の考え方…
  8. 人事評価制度と人材育成・定着率向上

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP