代表ブログ

問題解決の原理原則

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

先週、親知らずの抜歯をしました。

振り返れば、最初に歯医者さんに指摘されてから
15年は経過しているでしょうか。

抜歯をするために
「歯を真っ二つに斬る必要がある」とか
「歯茎を切開しないといけない」など、
怖ろしいことを言われたため、
何かと理由をつけて、先送りにしてきたのです…。

歯医者さんに行くたびに
「いつ抜きますか」と優しい笑顔で決断を迫られ
この度ようやく覚悟を決めて、抜歯するに至りました。

抜歯前の一週間は憂鬱で仕方ありませんでしたが、
終わった今は、ずっと避けてきた問題が解消され
解放感でいっぱいです ^ ^

そして、今回の抜歯から
以下の教訓を学びました。

  • 問題解決には苦痛が伴う
  • 苦痛を避けるため問題解決を先送りしても問題は解決されない
  • むしろ、時間の経過とともに問題は深刻化する
  • となると、気が付いた問題はその瞬間に解決したほうがよい

そしてこのことは、企業経営についても
当てはまるのではないでしょうか。

例えば、

  • 今の事業の進め方のままではダメな気がしている
  • 従業員から不満の声が多く上がっている
  • 従業員の離職率が高まっている

等の問題があることに気が付いたとしても、
これらの問題と正面から向き合うことは
かなりの苦痛が伴います。

日々の業務で忙しい中、
なかなか問題と向き合う気になれないのが
普通の感覚だと思います。

しかし、前述のとおり
問題解決を先送りしたとしても、
問題が悪化する可能性はあっても、
勝手に解決することはありえません。

いつかその問題が深刻化したときに
向き合わなければならないときがくるのです。

そう考えれば、
問題があることに気が付いたら、
事態が深刻化する前に解決に向けて動き出す方が、
賢明な判断といえるのではないでしょうか。
(抜歯でさえ先送りしていた私がいえることではありませんが…)

今回の件を教訓に、今後は
問題が深刻化する前に解決に向けて動き出す
そんな経営姿勢を意識していきたいと思います。

みなさんには、気が付いているにもかかわらず
解決を先送りにしている問題はありませんか?

もしあるのであれば、
この瞬間に解決に向けて動き出すことが、
最善の方策かもしれませんね ^^

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  2. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  3. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  4. 店舗ビジネスの多店舗展開に求められる5つの要件とは
  5. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  6. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  7. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  8. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴

関連記事

  1. のれん分け制度を資金調達手段として活用する
  2. 多店舗展開を進めるうえでマニュアルは必要か
  3. 経営者が陥りやすい社員モチベーションアップの落とし穴
  4. 部下の学習効果とやる気を高める指導方法とは
  5. フランチャイズ本部構築時に策定すべき“基準となるマーケティング戦…
  6. 考課者間での評価のばらつきを抑制する唯一最善の方策とは
  7. 従業員に「キャリアを考えさせる重要性」とは
  8. 数年後の未来を変えるために、今取り組むべきこと

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP