代表ブログ

価値観が多様化した現代におけるFC展開のあり方を考える

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

先日、佰食屋を経営する中村朱美さんの書籍

売上を、減らそう。
たどりついたのは業績至上主義からの解放

を読みました。

佰食屋の中村朱美さんは、
利益の最大化を目指す飲食店が大多数の中、

「業績至上主義からの脱却」をテーマに
ランチ営業のみ、100食売ったらおしまい

というビジネスモデルを確立して
ここ最近、注目を集めている経営者です。

人の価値観が多様化した時代背景を踏まえたお考えで、
大変勉強になりました。

そして、この書籍の中に、

「働き方」のフランチャイズ

という言葉が出てきます。

ざっくり(乱暴に)まとめると、

昼間の限られた時間だけ働いて、
生活するのに必要十分程度の利益を得る
佰食屋の働き方モデルをFC展開する

というものです。

想定しているオーナーの所得は、
夫婦で働いて世帯月収50万円程度とのこと。

このFC展開の考え方については
賛否両論あるのではないかと思いますが、
弊社としては、

今の時代に適したFCのあり方

であると考えます。

このFCシステムに対する否定的な意見としては

それだけしか儲からないモデルに
FC加盟店が集まるのか

というものだと思います。

しかし、この考え方は、
FCシステムについての視点が
偏っているように感じます。

FCシステムとは、

本部が加盟者に成功する仕組みを提供し、
その見返りとして、加盟者が本部に対価を支払う

両者のWin-Winの関係を実現する仕組みです。

そして、この「成功する仕組み」とは、
何も「儲かること」ばかりではありません。

もちろん、最低限の利益は必要ではありますが、
それがすべてではない、ということです。

先にも述べた通り、日本経済が豊かになり、
人の価値観は多様化しています。

「お金をたくさん稼ぎたい!」
という人もいれば、

「お金よりも、家族との時間を優先したい」
という人もいます。

佰食屋のモデルの場合、
前者を満足させることはできないかもしれません。
しかし、後者にはマッチするように感じられます。

まとめると、

佰食屋のFCモデルの賛否は
加盟する人の価値観による

ということです。

このように、人の価値観が多様化する現代では、
求められるFCシステムのあり方も千差万別です。

全員を幸せにできるFCシステムなど、
存在しえないのではないでしょうか。

このことを前提に考えると、FC本部としては、
自らのFCシステムにおける「成功の定義」を明らかにし
その成功を望む加盟者希望者だけを
加盟させていく必要があります。

このマッチングが上手くいかなければ、
どのようなFCシステムでも
上手くいくことはないでしょう。

佰食屋のFC展開の考え方は、
この本質をついているように感じられます。

FCの新しいカタチとして、
是非成功してほしいと思います ^ ^

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  2. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  3. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  4. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  5. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  6. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  7. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点

関連記事

  1. のれん分け制度のターゲットとすべき人材像とは
  2. 拡大期へスムーズに移行するために会社が創業期から準備しておくこと…
  3. のれん分け制度説明会で押さえるべきポイント
  4. のれん分けで独立者との信頼関係構築に失敗する本部に共通する点とは…
  5. 【FC本部構築決定版】第2回:FC展開のプロトタイプモデルを確立…
  6. 企業の永続のために今選択すべきこと
  7. のれん分け制度を導入して新型コロナ危機を克服する
  8. 内向的な部下の行動を積極的にさせるには

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP