代表ブログ

3年間、愚直に続ける

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

先日、ある経営者からお聞きした
大切にしている行動指針の中に、
とても共感するものがありました。

それは、

3年間、愚直に続ける

というものです。

その心はというと

新しい取り組みで、すぐに成果がでることはない。
最低でも3年間、同じことを、
ひたすら愚直に続けることで
はじめてこれまでとの違いが生まれるものだ。

ということだそうです。

これまでの事業活動を振り返った結果、
いま上手くいっているものはすべて、
3年間、愚直に続けた末に、
ようやく手に入れた結果であったとのこと。

自らの経験を踏まえたお話で、
大変重みがありました。

このお考えには、私も100%賛同します。

何か新しいことをはじめようとしたとき、
何らかの壁にぶつかることは
避けようがありません。

しかしながら、多くの人や企業は、
はじめにぶつかった壁で心が折れて、
「これはやっても意味ないな」
などと理由をつけ、すぐにあきらめてしまいます。

弊社は、クライアント企業が
これまでに経験したことのない取り組みに
チャレンジするのを応援することが仕事なので、
このような場面に頻繁に遭遇します。

ちょっとやっては、すぐに諦めて、
次の新しいことをはじめては、また諦める。

こんな状態では、
これまでとは異なる成果を
生み出せるはずがありません。

もちろん、やっても意味ないことを
いくら愚直に続けても何も生まれません。

ですから、新たに取り組むことは、
全身全霊をかけて取り組むべきものかどうか、
十分に検討したうえで判断をする必要があります。

しかし、一度決めたのであれば、
それは最低でも3年間、
愚直に取り組むべきでしょう。

その先に、これまでとは異なる世界が
待っているのではないでしょうか。

そう信じて、上手くいかないことでも諦めず
愚直に取り組んでいきたいものですね。

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  2. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  3. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  4. 店舗ビジネスの多店舗展開に求められる5つの要件とは
  5. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  6. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  7. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  8. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”

関連記事

  1. 社員の自発性を高める支援型リーダーシップの特徴とは
  2. 人事評価制度における評価シートの具体例
  3. 経営者が社員に将来のキャリアを考えさせるメリットとは
  4. 働く場としての魅力を高める経営理念
  5. メニューブック作成前に準備すること①コンセプトを決める
  6. 経営者が、中小FC本部に必要な情報システムの構築時に気をつけるこ…
  7. のれん分け制度を導入する際に検討すべきキャリアパスの選択肢
  8. 原因を探るよりも大切な問題解決の方法とは

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP