代表ブログ

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

のれん分けがフランチャイズの理想形といえる理由

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

「私がやりたいのはフランチャイズではなくてのれん分けかもしれません!」

これは、先日弊社のフランチャイズ本部立ち上げセミナーにご参加いただいた経営者からいただいたお声です。
実は、弊社のフランチャイズセミナーにご参加いただく方からこのようなお声をよくいただいています。

弊社のフランチャイズセミナーで、「のれん分けこそ、フランチャイズの理想形である」というお話をさせていただいていることも
ありますが、フランチャイズ展開を目指す経営者が本質的にやりたいことを実現するためには

フランチャイズよりものれん分けの方が向いていたということがよくあるのです。
なお、のれん分けとフランチャイズの違いについて詳しく知りたい方はこちらのコラムをご覧ください。

制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとフランチャイズの違い”

さてそれでは、なぜのれん分けがフランチャイズの理想形といえるのでしょうか。

その理由は、フランチャイズよりものれん分けの方が
・本部と加盟者間の深い信頼関係構築
・本部の理念やビジョンの共有
がしやすいためです。

フランチャイズにしろ、のれん分けにしろ、独立事業者が共同で事業を行う場合、成功するためには
・信頼関係があるかどうか
・理念やビジョンを共有できているかどうか
が何よりも大切です。

この点、フランチャイズの場合は、契約までの本部と加盟者間のコミュニケーションの機会が限られるため、
契約締結前に盤石な信頼関係を築いたり、本部の理念やビジョンを共有することは、
非常に難しい問題です。

その結果、フランチャイズでは、本部と加盟者間のトラブルが頻繁に発生している現実があります。
この点は、フランチャイズの最大の欠点といえます。

一方、のれん分けの場合は、本部と独立者間で、加盟前に一定量のコミュニケーションが
とられていることが前提となります。
そのため、信頼関係は構築済みですし、本部の理念やビジョンの共有度合いも高いはずです。

このように、のれん分けであれば、フランチャイズの欠点である
・信頼関係構築の限界
・理念やビジョン共有の限界
を克服することができるのです。

実際、最近では一度本部で働かないと加盟を認めない
のれん分け型のフランチャイズ展開を進める本部も増えてきています。

これからフランチャイズシステムを取り入れるのであれば、会社の理念やビジョンの実現に向けて
フランチャイズとのれん分け、どちらがむいているのかをしっかりと確認しておくことが大切ですね。

無料資料ダウンロード

のれん分け・社員独立FC制度構築の手順やポイントをまとめた資料を無料進呈しています。宜しければ、下記よりダウンロードください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 店舗ビジネスの多店舗展開を成功させるために必要な5つの要件とは
  2. のれん分け制度における加盟金やロイヤリティの考え方
  3. フランチャイズ本部の立ち上げ方。7つの手順と成功の3つのポイント…
  4. 事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、成…
  5. のれん分け制度における3つの独立形態。「直営店譲渡」「経営委託」…
  6. 【FC大全:第5回】フランチャイズ本部の権利・責任を契約書に落と…
  7. のれん分け契約書に盛り込んでおきたい条項例。絶対に入れなければな…
  8. のれん分け制度で直営店を譲渡する時の留意点。譲渡対価設計、譲渡契…

関連記事

  1. 「のれん分けの教科書」出版に込めた想い
  2. 会社を守るために経営者がやるべきこと
  3. 【FC大全:第5回】フランチャイズ本部の権利・責任を契約書に落と…
  4. 令和時代のFC展開成功のポイントを公開!
  5. フランチャイズ加盟店の心を掴む開業時における本部とSVの役割
  6. のれん分け制度における本部の提供機能の考え方
  7. 危機からのV字回復に向けフランチャイズ本部が備えておくべきこと
  8. 企業のビジョンを組織に浸透させる取り組みとは
21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP