代表ブログ

のれん分け制度を活用して経営者集団を創り上げる

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

ここ最近、「のれん分け制度を導入したい」という企業が増加しているようです。
弊社へのご相談も、コロナ前と比べると大分増えてきています。

なお、のれん分け制度つくりや成功のポイントについて詳しく知りたい方はこちらのコラムをご覧ください。

事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、のれん分け成功の3つのポイント

弊社にご相談にいらっしゃる経営者の考えを簡単にまとめると、以下のようなものになります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
この厳しい経営環境下では、言われたことを言われたとおりにこなすだけの人材を
雇用している余裕はない。

この危機を克服するためには、全スタッフが経営者意識を持ち、全力で取り組む必要がある。
そのためには、のれん分け制度で、経営者集団をつくるほかない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

この内容は、弊社がのれん分け制度を推奨している、核心ともいえる内容です。
情報化や国際化、経済の成熟化が進み、環境変化の速度は加速度的に増しています。

新型コロナ問題も元をたどれば、情報化や国際化が引き起こした環境変化の1つに過ぎません。
この環境変化に乗り遅れると、あっというまに時代に取り残されてしまう。
そんな厳しい時代になってきています。

この環境変化に対応するには、全スタッフが経営者意識を持ち、日々生じる環境変化に対して
全力で立ち向かっていく必要があります。

しかしながら、これは口で言うほど簡単なことではありません。
なぜならば、経営者と雇われスタッフの間には、決して埋めることのできない“大きな溝”があるからです。
この“大きな溝”の存在は、経営者のだれもが認識しているのではないでしょうか。

背負っているリスクや責任が異なる以上、経営者と雇われスタッフの間にある認識ギャップは、
決して避けることのできないものでしょう。

しかしながら、スタッフが雇われの意識では、この厳しい時代を生き残ることなど到底不可能です。
これからの時代に、店舗ビジネスの事業拡大を実現するためには、

働き手の「雇われ感覚」を払しょくし、「経営者マインド」を醸成していくことが必須となります。
そして、のれん分け制度を導入し、グループ内に経営者集団をつくることは、
このことを実現する最善の手段といえるでしょう。

のれん分け制度で経営者集団をつくりたい、とお感じになられた方は、是非弊社セミナーにご参加ください。
◆詳しくはこちら

自社グループ内に経営者集団を醸成するための、考え方や具体的な方法をお伝えします。

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 新規事業をしたい人必見!フランチャイズ本部立ち上げの7つの手順と…
  2. 店舗ビジネスの多店舗展開を成功させるために必要な5つの要件とは
  3. のれん分け制度で直営店を譲渡する時の留意点。譲渡対価設計、譲渡契…
  4. のれん分け制度における加盟金やロイヤリティの考え方
  5. のれん分け契約書に盛り込んでおきたい条項例。絶対に入れなければな…
  6. のれん分け制度における3つの独立形態。「直営店譲渡」「経営委託」…
  7. 【フランチャイズ本部構築決定版】第5回:フランチャイズ契約書類を…
  8. 【フランチャイズ本部構築決定版】第1回:フランチャイズ展開前に準…

関連記事

  1. 社員のキャリア支援において経営者が心掛けたいこととは
  2. のれん分け制度のターゲットとすべき人材像とは
  3. 個人のライフサイクルにあったフランチャイズモデルを構築する
  4. これからの時代に求められる女性が活躍できる職場とは
  5. 従業員の意欲向上に向け経営者が今しなければならないこと
  6. フランチャイズ本部構築における投資・収益モデルの考え方
  7. FC本部の掲げる「理念」を加盟店へ浸透させる仕組みづくり
  8. 成功確率を高めるフランチャイズ本部構築の進め方

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

セミナー開催予定はこちら

お問い合わせはこちら

人気のある記事

PAGE TOP