代表ブログ

これからの時代に失敗しないFC展開のあり方

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

ここ数年、外食業界の話題の中心にあった「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービス社が、主力の「ペッパーランチ」事業を売却する方針を固めたそうです。
2018年には200店舗超を出店するなど、一時代を築いた いきなり!ステーキ でしたが、一つの節目を迎えたものといえるでしょう。

いきなり!ステーキ失速の要因は諸説ありますが、大切なことは、
FCシステムを用いて短期間で大量出店をした後、あっという間に店舗数を減らしていくパターン
は過去に何度も発生している、ということです。

ここから、今の時代にFC展開を進めるうえで注意しておかなければならない点が見えてきます。
具体的には、以下の内容があげられます。

  • 出店スピードに人材育成が追い付かず、大量出店と同時に店舗運営品質の低下が生じる
  • 出店を最優先した結果、立地評価がおろそかになり自チェーン内での顧客の奪い合いが生じる
  • 店舗展開とともにチェーン店感が強くなり、業態の魅力が低下する

これらのことから考えると、短期間で大量出店することを前提とした従来型のFCモデル自体に限界が生じているともいえるのではないでしょうか。

新型コロナ問題の影響により、今後FCシステムを導入する企業はますます増加していくことが予想されます。
しかし、その理想的なあり方は従来のFCシステムとは全く異なる形になるでしょう。

弊社では、
“小さくはじめて、段階的に育てる”
“自社にとっての最適規模で展開する”
“加盟店の自主性を尊重し、柔軟に対応する”
ことが、今後のFC展開の一つの考え方になるものと考えています。

過去の常識に捉われず、時代の流れにあわせて理想的なあり方を探求することが大切ですね。

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  2. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  3. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  4. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  5. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  6. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  7. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点

関連記事

  1. “今できること”に集中する
  2. 既存店をのれん分けする際の“その他従業員”の取り扱い
  3. 「今何をするか」が危機後の大きな差となる
  4. のれん分け制度において定期的な経営指導が不可欠な理由
  5. 今だからこそ取り組むべきこと
  6. 危機的状況にこそチャンスがある?
  7. “従業員のキャリアの限界問題”を克服し、定着率を高める方法とは
  8. 会社の将来を担うリーダー人材の育成方法とは

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP