代表ブログ

フランチャイズやのれん分けで注意すべき加盟者の独立性問題

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

6月に入って学校などが再開し、
当たり前の日常が戻りつつありますね。

高木家でも、やっと子供2人が
保育園に行けるようになりました。

当たり前の日常が、
とてもありがたく感じます。

感染拡大への懸念は残りますが、
新しい日常にも対応していかなければなりませんね。

さて先日、
全国でビジネスホテルをチェーン展開する
「スーパーホテル」の元支配人が、
未払いの残業代などの支払いを求めて
本部を提訴する事案が発生しました。

内容を簡単にまとめると、
業務委託契約で働いていた元支配人が、
裁量のない24時間365日働かせ放題の奴隷契約で
「実態は労働契約だ!」と主張して、
残業相当の賃金請求を求めたものです。

報道では、月の手取りが10万円ほどだったそうで
これが本当だとすると、なかなか厳しい条件です。

この事案、
「実態は労働契約だ」
という主張がポイントです。

仮に、契約名が業務委託契約であったとしても、
実態として労働者性が認められる場合、
本部は残業代支払い等を求められるリスクがあります。

これは、以前から指摘されていることですが、
FCやのれん分け、委託契約を導入している企業でも
この点に無頓着な例が散見されます。

FCやのれん分け、委託契約を導入する際には、
働き手が経営者として認められるよう
十分な配慮をして制度設計を行うべきでしょう。

なお、労働者性が認められやすくなる要件としては
・勤務時間に応じて報酬が決まる
・自ら現場で働くことが必須となる
・勤務時間や仕事の仕方に裁量がない
などが考えられます。

弊社ののれん分け制度構築セミナーでは、
独立者の労働者性問題も取り扱っています。

より詳しいことをお知りになりたい方は
是非セミナーにご参加ください。
現在、オンラインでも開催中です!

▼詳しくはこちら▼

のれん分け制度構築セミナー

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  2. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  3. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  4. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  5. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  6. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  7. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴

関連記事

  1. 人事評価制度の移り変わり
  2. フランチャイズ本部構築時に求められるプロジェクト体制
  3. 飲食店開業の戦略⑦販売促進ツールの種類と特徴
  4. これからの時代に失敗しないFC展開のあり方
  5. 価値観が多様化した現代におけるFC展開のあり方を考える
  6. フランチャイズ本部の成功に不可欠な”加盟者から信頼されるS V”…
  7. 人材育成が上手く進まない企業の共通点
  8. “今できること”に集中する

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP