代表ブログ

今、FCシステム導入が求められる理由

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

全国に向けて緊急事態宣言が発令され、
危機管理の第一フェーズとしては、
やるべきことがすべてなされた印象です。

これで事態が改善されるのかは未知数ですが、
1日でも早く鎮静化することを願うばかりですね。

さて、最近
「コロナ後の世界は、これまでとは一変する」
といった話をよく耳にします。

この騒動で様々なリスクが顕在化したのですから、
この考えは当然のことだと思います。

店舗を持つリスクが顕在化した店舗ビジネスにも
環境変化の波が訪れることでしょう。

私個人としては、
FC展開をはじめる企業が増加するのではないか
と考えています。

その理由は、
直営チェーンと比べてFCチェーンの方が
環境変化への適応力が高まるからです。

今回のように店舗の売上が急減すると、
直営チェーンの場合は、
その負担のすべてを本部が負うことになります。

一方、FCチェーンの場合には
加盟店の収益責任は加盟店が負うため、
売上急減の負担を本部と加盟店が分散して負うことになります。

そのため、直営チェーンと比較すれば、
本部単体のダメージは少なくなるのです。

グローバル化、情報化が進む現代において、
今後も急激な環境変化が起きることは間違いありません。

会社の持続的成長のためには、
今回の事態を教訓に、環境変化に強い経営体制を
整えていくべきでしょう。

我々も、FC展開のすすめ方について
情報発信を強化していきます。

これを機にFC展開を検討するのであれば
是非、ご活用いただければと思います。

▼フランチャイズ展開コラムはこちら▼

 

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  2. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  3. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  4. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  5. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  6. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  7. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴

関連記事

  1. 中小FC本部がFCビジネスにおける物流機能を考える上で持つべき視…
  2. 新型コロナによる環境変化を踏まえたビジネスモデル転換の必要性
  3. ラーメン店におけるのれん分け制度を活用した多店舗展開
  4. 求職者がその会社で働きたいと感じる人事施策
  5. フランチャイズ本部構築の鍵となるスーパーバイザーの仕組み
  6. 飲食店開業の戦略⑥食材ロスを減らす方法
  7. フランチャイズ本部構築の成否を分ける本部による災害対応のあり方
  8. 価値観が多様化した現代におけるFC展開のあり方を考える

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP