代表ブログ

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

これからの多店舗展開の考え方。直営展開か、のれん分け展開か。

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

先週は、美容院の経営者からのれん分け制度について、以下のご相談をいただきました。

現在2店舗経営していて、将来の目標は50店舗展開です。
3店舗目以降を直営にするか、のれん分けにするかで悩んでいます。
どのように考えるべきでしょうか。

多店舗展開を目指すにあたり直営で展開するか、のれん分けで展開するか、お悩みになられている経営者も多いのではないでしょうか。
どちらの選択肢を採用すべきか、これは、本部の経営方針によるものと思います。

直営店で展開していけば、本部の利益額は大きくなる一方、初期投資や固定費の負担が増えるため、本部の経営が重くなり、環境変化への対応力が低下します。

一方、のれん分けで展開していけば、初期投資や固定費を独立者に負担してもらえるため、本部の経営が軽くなり、環境変化への対応力は高まりますが、店舗利益を本部と独立者で分け合うため、本部の利益額は低下します(ただし、利益率は向上します)。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、本部としてどのような状態を目指すのかという点から逆算して、方針を決定することが大切です。

ただし、私の個人的な考えを申し上げれば、のれん分け制度を活用して、本部の経営を軽くする方が、本部の競争力は高まるものと考えます。
環境変化のスピードが増している現代において企業が存続・発展していくためには固定費や借入金返済の負担を減らして、環境変化への適応力を高めていくことが不可欠だと考えるためです。

新型コロナの影響を受け、このことを痛感している経営者も多いのではないでしょうか。

店舗ビジネスが身軽経営を実現する手段はフランチャイズシステムを導入して他人資本を活用するほかありません。
しかし、中小企業にとって第三者を加盟対象とするフランチャイズ展開は、それなりにハードルが高いことも事実です。

そこで、自社の社員を加盟対象とする「のれん分け」を活用して、本部の経営を軽くし、環境変化への適応力を高めていくのです。

のれん分けは、社員のキャリアビジョンを実現するための手段としても効果的ですが、本部が経営を軽くし、競争力を高める上でも有効な選択肢です。
このことが、弊社がのれん分け制度の導入を推奨する理由でもあります。

のれん分け制度づくりについての基本的な考え方は以下のコラムにまとめていますので、ご興味があるかたは是非ご活用ください ^ ^

↓コラムはこちら

事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、成功の3つのポイント

無料資料ダウンロード

のれん分け・社員独立FC制度構築の手順やポイントをまとめた資料を無料進呈しています。宜しければ、下記よりダウンロードください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 【FC大全:第5回】フランチャイズ本部の権利・責任を契約書に落と…
  2. 【FC大全:第1回】フランチャイズ展開前に準備すべきことを知る
  3. 店舗ビジネスの多店舗展開を成功させるために必要な5つの要件とは
  4. のれん分け制度で直営店を譲渡する時の留意点。譲渡対価設計、譲渡契…
  5. のれん分け制度における3つの独立形態。「直営店譲渡」「経営委託」…
  6. 事業拡大したい経営者必見!のれん分け制度をつくる7つの手順と、成…
  7. フランチャイズ本部の立ち上げ方。7つの手順と成功の3つのポイント…
  8. のれん分け契約書に盛り込んでおきたい条項例。絶対に入れなければな…

関連記事

  1. 自発的人材育成のためのコーチングのメリットと注意点
  2. フランチャイズ本部が用意しておくべき加盟店募集ツールの考え方
  3. 加盟店との紛争に備えてフランチャイズ本部が準備しておくべきこと
  4. フランチャイズ本部の立ち上げにかかる費用とは?
  5. これからの時代にのれん分け制度が不可欠な理由
  6. 価値観が多様化した現代におけるフランチャイズ展開のあり方を考える…
  7. フランチャイズ本部に必要な物流機能の考え方
  8. フランチャイズ本部が知っておくべき法律①中小小売商業振興法
21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP