代表ブログ

危機下におけるリーダーのあるべき姿

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

菅政権が発足して1週間が経過しましたね。

「デジタル化の推進」や「縦割り行政の打破」など
今後の目指す姿を明確化し、
その実現に向けて具体策を矢継ぎ早に打ち出す
菅首相の姿勢は、個人的にはとても好感がもてます。

危機下におけるリーダーのあるべき姿を
教えていただいた気がします。

この菅首相の姿勢は、
未曽有の危機に直面するいまの企業経営者にも
求められているものなのではないかと感じます。

新型コロナウイルス感染症が
あらゆる企業に影響を与えていますが、
我々はこの外的要因をコントロールすることができません。

私たちがコントロールできることは、
“自分たちのあり方”だけです。

具体的には、

危機を乗り越えるために、
会社が克服すべき課題を明らかにし、
その具体策を矢継ぎ早に打ち出すこと。

結果として、従業員に期待感を持ってもらい、
全社一丸となって危機の克服に向けて取り組むこと。

これらが、危機を克服するために、
いまの経営者に求められるあり方
なのではないでしょうか。

菅首相の姿勢に倣って
危機の克服に向けた行動を
加速させていきたいものですね ^ ^

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  2. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  3. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  4. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  5. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  6. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  7. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴

関連記事

  1. のれん分け・社員独立FC制度構築が上手くいかない理由
  2. 経営者が意識して傾聴することの効用とは
  3. 新しいフランチャイズのあり方で”身軽な経営”を実現する
  4. 小さくはじめて、大きく育てる!フランチャイズ本部構築の進め方
  5. 飲食店開業の戦略⑤「利益が出る」メニュー開発
  6. 企業の永続のために今選択すべきこと
  7. フランチャイズ本部構築前に確立すべきプロトタイプモデルとは
  8. フランチャイズ本部が知っておくべき“加盟店開拓の流れ”

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP