代表ブログ

3年後の経営を決定づける“危機下における経営者の姿勢”

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

「コロナ禍の中、御社の関係先企業様はどのような動きをされていますか?」

これは、先日のれん分け制度のご相談をお受けした
整骨院チェーン経営者様からいただいたご質問です。

質問の意図を確認したところ、
今年からのれん分け制度づくりに着手する計画であったものの、
コロナ問題が沈静化する気配が見えないため、
一歩踏み出せずにいるとのこと。

そこで、参考までに他社の状況を知りたい、
ということでした。

このタイミングでリスクをとって、
一歩踏み出すべきかどうか…

これは、今年新しいことをはじめようとしていた
経営者の多くが抱えている悩みなのではないかと感じます。

 

この点について、私の考えを申し上げると

当面の資金繰りに目途がついているのであれば、
間違いなく新しいことにチャレンジすべき

と考えます。

なぜならば、その新しい取り組みこそが、
3年後、5年後の企業の競争力を決定付けるからです。

 

もちろん、事業継続が最優先なわけですから、
今の状態が続いたとしても
1年程度は資金が回る体制づくりが最優先です。

しかしながら、守勢に回るということは、
企業の成長・発展を止めるということでもあります。

その先には、良くて現状維持、
一般的には衰退が待っているように思います。

そのため、事業継続の目途がついたのであれば、
3年先、5年先を見据えた新しい取り組みに
着手していくべきでしょう。

この取り組みの有無が、3年後、5年後に、
大きな違いをもたらすはずです。

 

そして、何よりも大切なことは、
3年後、5年後を見据えた決断は、

経営者にしかできない

ということです。

難しい決断ですので先延ばしにしたいところですが
代わりに決断してくれる人はいないのです。。
これが経営者の辛いところですね…

 

3年先、5年先を見据えたときに、
今なすべきことは何なのか。

このことを突き詰めて考え、
着実に実行していくことが、
この危機下で経営者に求められる姿勢
といえるのではないでしょうか。

その先には、きっと明るい未来が待っているはずです。
(と、私は信じています)

経営者にとって苦しいときですが、
今こそ前を向いて、一歩一歩確実に進んでいきましょう^ ^

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  2. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  3. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  4. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  5. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  6. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  7. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方

関連記事

  1. 新型コロナによる環境変化を踏まえたビジネスモデル転換の必要性
  2. フランチャイズ本部構築時に知っておきたい”S Vの多様な役割”
  3. 人事制度の中心となる人事評価制度とは
  4. 給与水準が上昇する中で必要利益を確保するための考え方
  5. 多様化する求人方法
  6. 会社を守るために経営者がやるべきこと
  7. フランチャイズ本部構築前に理解すべきFCシステムの本質
  8. のれん分け制度におけるサブリースの活用とは

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP