代表ブログ

本当に大切なことを優先する!

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

気がつけば今年も半分が過ぎ去りました。
年明けからコロナ騒動に翻弄され、
当初計画を思うように進められていない方も
多いのではないかと思います。
(私もその一人です)

「コロナ対応で計画どころではない…」
という気持ちになりがちですが、

1年の半分を終えた節目のタイミングで
計画の振り返りと見直しを行い、
2020年後半を新しい気持ちで迎えたいものです。

コロナ対応を最優先するのは当然ですが、
私個人としては、
使える時間の30%、最低でも10%は
コロナ後を見据えた取り組み、

具体的には
・新たに開始する事業の準備
・来年以降の経営計画の策定
に使っていきたいと考えています。

長期的視点からの取り組みは、

「間違いなくやった方がいいこと」にもかかわらず

「今すぐにやらなければならないこと」ではないため

私の場合、後回しにすると
いつまで経ってもやりません。泣

そのため、
意識的にスケジュールに盛り込み
優先的に取り組んでいくことが
大切だと考えています。

2020年節目のタイミングを活用し、
長期的視点から取り組むべきことを明らかにして
来期以降の発展につなげていきたいですね。

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  2. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  3. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  4. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  5. 店舗ビジネスの多店舗展開に求められる5つの要件とは
  6. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  7. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  8. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方

関連記事

  1. フランチャイズ本部による加盟店への開業支援の内容
  2. タイプ別の立地~メリット・デメリット
  3. 店舗ビジネスにおいて重要な顧客との「新たなつながり」を作るには
  4. 決算時に経営者が振り返るべき経営活動の本質
  5. 同僚や部下への態度が厳し過ぎるリーダーとの対話方法とは?
  6. 「今何をするか」が危機後の大きな差となる
  7. 新しいフランチャイズのあり方で”身軽な経営”を実現する
  8. フランチャイズ本部が加盟店から受け取る対価の種類

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP