代表ブログ

これからの時代を生き抜くのに不可欠な2要素とは

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

コロナの新規感染者数も減り
徐々に明るい兆しが見えてきましたね。

まだ予断を許さない状況ですが、
それでも一時期に比べれば
だいぶ光が見えてきた印象です。

さて、ここからは、
V字回復に向けた短期的な取り組みに加え、
長期的な経営の安定化に向け、
行動を開始することが大切です。

今回、突如訪れたコロナ問題により
全世界が大きな打撃を受けたわけですが
国際化、情報化が進む現代では、
今後も同様の事態が発生すると
考える方が自然です。

今回のことを教訓に、
次に訪れるであろう危機に向け、
準備を開始しなければなりません。

私としては、今後の時代は

①相関性の低い複数の収益基盤をつくること
②強固な財務基盤をつくること

の2点が重要だと考えています。

わかりやすく言い換えると
今回のような危機が発生しても、
①収入が0にならない収益基盤
②収入が激減しても6ヵ月から1年程度は
 存続できる財務基盤
ということになります。

これは、従来の事業活動の延長では
なかなか実現することはできません。

すなわち、今後安定的な経営を実現するには、
経営方針から見直していく必要があります。

のれん分けやFCシステムの採用も
そのための一つの手段といえるでしょう。

V字回復に向けた短期的な取り組みだけでは
企業の持続的・発展的成長はありえません。

短期的な取り組みを行いつつ、
長期的な視野を持って、一つ一つ確実に、
歩みを進めていかなければなりませんね。

私も、10年後、20年後に生き残れるよう
自分を追い込んで、頑張りたいと思います^ ^

 

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方
  2. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  3. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  4. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  5. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  6. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  7. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  8. 店舗ビジネスの多店舗展開に求められる5つの要件とは

関連記事

  1. フランチャイズ本部構築前に理解すべきFCシステムの本質
  2. のれん分け制度におけるトラブル防止のポイントとは
  3. 人事評価制度と評価面談の進め方
  4. 飲食店開業の戦略③飲食店の商圏・立地の考え方
  5. スタッフの行動を習慣化させる方法とは?
  6. メニューブックをつくる①掲載商品を決める
  7. フランチャイズやのれん分けで注意すべき加盟者の独立性問題
  8. 予測不可能な時代を生き抜くために今なすべきこと

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP