FC展開

FC本部のつくり方を体系化した【完全版】 FC本部構築大全を無料進呈

フランチャイズ展開に不可欠な「商標権」とは

「まだ商標権を取っていないのですが、FC展開時には取得した方がよいのでしょうか」

これは過去に弊社にFC本部構築のご相談に訪れたラーメンチェーンを営む経営者からのご質問です。

FCパッケージの中には「本部が展開するブランドの使用許諾」が含まれていることが一般的です(FCパッケージについては「フランチャイズ本部構築時に知っておきたい“FCパッケージの基本型” 」を参照)。

加盟者に対して本部ブランドの使用を認める場合には、「商標権」という権利を取得しておくことが不可欠です。
FC展開をしていない場合にも、将来的に多店舗展開を志向するのであれば、商標権はなるべく早く取得しておきたいところです。

そこで、今回は商標権の概要についてご紹介します。

 

商標権とは

商標とは、本部が展開する店舗や取り扱う商品、サービスを他社のものと区別するために使用する名前やマークで、いわゆるブランドを意味します。

この商標を特許庁に“商標登録”することで、本部は当該商標を独占的に使用することができるようになります。
これが商標権といわれるものです。

本部は加盟者に対してブランドの使用を認め、その対価としてロイヤリティ等を得るわけですから、当該ブランドの独占的に使用する権利である商標権を取得しておくことは当然です。

過去には、商標登録をせずにFC展開していた本部が、加盟者に先に商標登録をされてしまい、加盟者から利用料を請求されるようなケースもありましたので注意が必要です。

このような事態に陥らぬよう、ブランド名称を統一して展開していく場合には、FC展開前に必ず商標登録を行っておきましょう。

 

商標権取得時の注意点

商標登録は、本部が展開する事業の区分ごとに登録をする必要があります。
例えば、飲食店であれば第43類、美容サロンであれば第44類といったようなイメージです。

商標の事業区分は45分類ありますので、自社が展開する事業に該当する区分で登録を行います。
商標の専門家は弁理士ですので、自社の事業が該当する区分が分からなければ、相談をしてみるとよいでしょう。

その際、自社が展開する業態の事業区分に加えて、経営指導の区分である35類も取得しておきましょう。
これは、FCシステムには本部が経営指導を行い、その対価としてロイヤリティ等の対価を得る性質があるからです。

35類で取得をせずにFC展開を進めてしまい、仮に悪意を持った第三者に先に35類の商標権を取得されてしまった場合、先方から利用料を請求されたり、買い取りを求められたりするリスクが考えられます。

なお、商標権の取得コストは、10年登録でも1区分につき10万円強で、年換算ではおよそ1万円程度です。
大したコストではありませんから、FC展開前に必ず取得をしておきましょう。

 

まとめ

以上、フランチャイズ展開に不可欠な商標権をご紹介しました。

 ブランドを統一しているFCシステムにおいては、商標権を取得することはもはや常識中の常識で、商標権さえ取得していないような本部は、その資質を疑われてしまいます。
 仮にトラブルが生じ、裁判となった場合には、上記事実は本部にとってマイナスに働くことでしょう。

FC展開を目指していてまだ商標権を取得していないのであれば、真っ先に商標登録申請を行うことをおすすめします。

 

無料資料ダウンロード

FC本部立ち上げを進めていく際の手順やポイントをまとめた資料を無料進呈しています。宜しければ、下記よりダウンロードください。

FC本部のつくり方を体系化した【完全版】 FC本部構築大全を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  2. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  3. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  4. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  5. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  6. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  7. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方

関連記事

  1. これからの飲食業界でフランチャイズ展開を始める前に考えるべきこと…
  2. フランチャイズ本部が知っておくべき加盟店審査の考え方
  3. フランチャイズ本部構築前に満たすべき要件とは
  4. フランチャイズ本部構築における加盟金やロイヤリティの考え方
  5. フランチャイズ本部が用意しておくべき加盟店開発ツールの考え方
  6. FCビジネス拡大のチャンスを掴むために今取り組むべきこと
  7. これからの働き方に合った美容業界でのフランチャイズ制度構築の考え…
  8. 飲食店開業の戦略②飲食店が選ばれる理由を考える

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP