代表ブログ

会社を守るために経営者がやるべきこと

こんにちは。
常進パートナーズの高木です。

ついに「東京オリンピックの延期」が決定してしまいました。

とても残念ですが、今の世の中の状況を見てみれば開催延期もやむなしでしょう。

今回のコロナ騒動の恐ろしい点は騒動の終着点が見通せないことです。

これまで発生したリーマンショックや東日本大震災等とは異次元の危機といえます。

この困難な状況において、経営者が何よりも優先すべきことは「会社を守ること」でしょう。

仮に会社が倒産してしまったら、商品・サービスを必要とする方々に届けることが出来なくなります。

加えて、大切な社員の人生を守ることもできなくなります。

このような事態は何としても回避しなければなりません。

そのためにも、今こそ経営者は強い覚悟をもって「会社のお金の状況」を正確に把握し「会社を守るために今やるべきこと」に全精力をかけて取り組んでいく必要があるのではないでしょうか。

 

弊社の考えに共感し、この危機的状況を本気で乗り越えたいと思われた経営者様はぜひ、当社主催セミナーにお越しください。

▼詳しくはこちら▼

利益倍増計画の作り方セミナー

また、オンラインでの実施も検討しております。

「オンラインであれば受講したい」という方がいらっしゃいましたら、以下からご連絡くださいませ。

お問い合わせはこちら

 

本気で事業永続を願う経営者様のお役に立てるよう、全力でお伝えさせていただきます。

 

無料メルマガ登録

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

のれん分けのノウハウが詰まった「のれん分け虎の巻」を無料進呈

セミナーのご案内

店舗ビジネスの多店舗展開やのれん分け・FCシステム構築を進めていくため、具体的にどう取り組んでいけばいいのか、どのような点に留意すべきか等を分かりやすく解説する実務セミナーを開催しています。

セミナー一覧ぺージへ

おすすめ記事

  1. 企業競争力を決定づける店舗責任者の育て方
  2. 多店舗展開を加速する人材育成システムとは
  3. これだけは知っておきたいのれん分け制度導入時の留意点
  4. 店舗ビジネスの多店舗展開に求められる5つの要件とは
  5. 制度構築前に絶対知っておきたい“のれん分けとFCの違い”
  6. のれん分け制度で既存直営店舗を譲渡する時の留意点
  7. のれん分け制度における独立形態の種類と特徴
  8. のれん分けにおける加盟金やロイヤルティの考え方

関連記事

  1. 人事評価制度の考え方
  2. 経営者が社員に将来のキャリアを考えさせるメリットとは
  3. リスクを感じることにこそ積極的にチャレンジする
  4. のれん分け制度成功の“6つの極意”を公開!
  5. 社員にキャリアを考えてほしいと考える経営者にお勧めすること
  6. これからのFC本部が備えるべき“信用力”とは
  7. 人事評価制度と人材育成との連携
  8. 「今何をするか」が危機後の大きな差となる

のれん分け無料メルマガ

専門コラムの他、各種ご案内をお届け中です。ぜひご登録ください。

人気のある記事

PAGE TOP